四つの署名

コナン・ドイル, 延原謙 / 新潮文庫
(107件のレビュー)

総合評価:

平均 3.5
11
36
46
7
1

ブクログレビュー

"powered by"

  • いぬのとうそつしゃ

    いぬのとうそつしゃ

    前作に引き続きキャラクターが魅力的で、犯人のバックボーンが丁寧に描かれており、
    物語としての厚みは前作の方があったように感じたが、最後まで面白く読めた。
    今回は少し追跡劇もあり、緊張感のあるスリリングな展開が良かった。
    観察力と推理力というセリフ通り、ホームズの人間離れした謎解きは魅力。
    今回は前作に比べるとそこまで謎一辺倒ではないものの物語もそこまで長くないので割とサクサクと読める。
    続きを読む

    投稿日:2021.08.22

  • カワノスケ

    カワノスケ

    相変わらず伏線の回収はお見事。推理に追跡に変装、ホームズらしさ十分で、ストーリーもわかりやすく面白い。大好きな一冊になりました。

    投稿日:2021.07.15

  • HURI

    HURI

    うーん...前作引き続き、ホームズのロジカルな推理を期待していたのだが、今作は推理要素がかなり少なかった。
    追跡劇は面白いは面白いが、個人的にはホームズシリーズにアクションシーンを求めているわけではない。
    なんだか不完全燃焼な作品だった。
    続きを読む

    投稿日:2021.06.20

  • はると

    はると

    このレビューはネタバレを含みます

    緋色の研究に続き面白かった。ワトソンの妻となるメアリーと出会った描写があり、そこから結婚するまでに至る過程を知ることができて良かった。事件に関しても、犯人を追っている描写に緊迫感があり、読んでいてハラハラした。またこの「四つの署名」では人種差別的な表現が随所にあり、この本をコナン・ドイルが書いた時には色濃く人種差別が存在していたことが分かり、時代背景を感じた。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2021.05.28

  • 森鴎内

    森鴎内

    シャーロック・ホームズの推理はやはり凄いですね。ですが、今回は追跡劇が後半に繰り広げられるため、彼の推論が好きな私は少々退屈でした。
    シャーロック・ホームズの冒険に期待したいです。

    投稿日:2021.04.16

  • bonyari

    bonyari

    このレビューはネタバレを含みます

    1作目と構造は同じなんだけれど、劇中劇のパートが面白い。
    ヴィクトリア朝のロンドンの様子が立ち上がってくる。作者は実際その時代に生きていて、その時代を書いているという事実が面白い。

    ・・・
    ラストは前作同じく、手柄はすべて警察にわたるも気にせずコカインに手を伸ばすシャーロックで終わり。そういえばコカインやってたな。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2021.04.05

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。