天顕祭

白井弓子 / サンクチュアリ出版
(44件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
8
23
8
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 7do8bu1991

    7do8bu1991

    白井弓子さんは・・ 今月の14日に読んだ・・・「コミック星新一☆親しげな悪魔(2012)」に参加されてて、読んで興味を持った漫画家さんです。 今回は・・・ 『天顕祭 (2008)』を読んでみた。 やっぱ何といっても・・・職人さんは・・・かっこいいよなー。憧れる。続きを読む

    投稿日:2019.07.25

  • sssnnnbbb

    sssnnnbbb

    現代から数百年後の日本を幻視させてくれ、そこで生きる人々が本当に活き活き描かれている傑作。作品に流れる重層化したタイムスケールと、メインキャラクターが鳶職ちゅう地に足ついた感が作品世界の強度を恐ろしいくらいの確固たるものに仕上げられていて、ドップリと話の中に浸かった。 この話のように、危険区域は不可侵かつ絶対的に神聖な区域として奉られるちゅうのは現実を冷静に捉えた作者の予測やろうけど、まず確実に迎えることになる未来やな。 ともあれ、現在日本に住む我々にとって、未来を想像させどうあるべきか考えるには良い一冊やわ。続きを読む

    投稿日:2018.12.17

  • ykikuchi

    ykikuchi

    "本屋さんで、目立つところにディスプレイされていて、手にとった。漫画は久しぶり。八岐大蛇と素戔嗚尊の神話から生まれたファンタジー。時代も場所も現在の日本とは違うところ。戦争があり土壌が汚染されている世界。毎年行われるお祭り。そのお祭りにまつわる伝説。
    漫画は、絵の質感というか、絵の雰囲気で読む気になる物と、そうでない物に分かれる。この絵の感じは嫌いじゃないなぁ。"
    続きを読む

    投稿日:2018.10.17

  • ljsz

    ljsz

    新宿のヴィレッジ・ヴァンガードにて、
    ナウシカ全巻セットの隣に置いてありました。
    POPの「日本を舞台にしたナウシカ」(たしか)というコメントが気になり、購入。

    投稿日:2018.10.14

  • deroderoh

    deroderoh

    アイデアやストーリーは良いし、神話と絡めてこっているので面白いと思う。
    コマわりや台詞が急で、何を語っているかがわかりずらいところが多く、ストーリーが複雑に見えてきてしまうところがあった。もう少し枚数を増やしてもよいので、緩急をつけて丁寧に説明した方が良いと思った。
    絵も書き込みが多いが少しシンプルにした方がわかりやすい。ポイントとなるところとあまり必要ないところのメリハリをつけたほうが良いと思った。
    続きを読む

    投稿日:2017.01.22

  • jyunnnn

    jyunnnn

    こういう日本の民俗学っぽい雰囲気は好き嫌いが分かれると思うけどなかなか面白かった。
    オチだけは読めちゃうのが残念ですが。

    投稿日:2016.05.27

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。