ガラクタ伯爵の婚約 人形の花嫁の欠けた心

瑞山いつき, 椎名咲月 / 一迅社文庫アイリス
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
1
0
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • うらこ

    うらこ

    このレビューはネタバレを含みます

    ヒロインのセラフィーナは、母や兄に愛されていないと思い、人形のように感情を外に出さないように暮らしていた女の子。一方、ヒーローのアダムは人形に囲まれ、自動人形しか愛せないと言われている。

    借金のカタにセラフィーナに求婚したアダムは、爵位のために結婚しようとしたのかと思いきや、人形のように感情を出さないセラフィーナには冷たくて、でも行動はすぐに寝室に連れ込んだり、ちょっと違う感じ?って

    アダムの言葉が足りなくて、セラフィーナがもんもんとしてたりする前半はちょっと物足りないのですけど、だんだん二人が気持ちを通わせていってるのが分かるので、後半は一気読みです。
    脇役のバートランドとシェリーもいい味を出してて、バートランドはほんとは人形なの?って思うくらいの優秀さです。

    悪役も最初から予想は付きます。
    予想外だったのは、セラフィーナの母親かな。セラフィーナに関心がないのかなと思っていたのに、後半結構愛はあったのねって感じ。ちょっとぶっとんでますが。。。

    セラフィーナが大事にしていたアリーセの作者はアダムなんだろうなってのも予想は付いたのですが、それが本編で語られることがなかったのは、ちょっと残念。最後に番外編みたいに小さな頃のセラフィーナとアダムが出てくるのですけど、本編でそれを触れたらよかったなぁって。アダムを一層好きになるセラフィーナと照れるアダムが見たかったです。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2015.08.17

  • 本読み隊

    本読み隊

    シュールな笑いの中でしっとりとまとまった、とても良いファンタジーでした。一冊読み切り。
    人形のような少女が、人形だらけの街の領主に嫁ぎ、乙女心を理解しえない人形作りの富豪の青年アダムや、その館の唯一の人間である執事バートランド、美しくあることを使命に生きる人形シェリーと関わりながら、人間らしさを取り戻し毅然とした自分の意見をもつまでの成長が描かれます。
    変人伯爵のアダムと薄幸のヒロインセラフィーナとの掛け合いだけではなく、魅力あふれる脇キャラもとても素敵でした。
    美麗なイラストが彩りを添えてくれます。
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-3879.html
    続きを読む

    投稿日:2014.09.08

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。