ゴルフは科学でうまくなる 理論のツボを知れば、スコアは必ず縮まる!

ライフ・エキスパート / KAWADE夢文庫
(3件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
1
1
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • aya00226

    aya00226

    パターは in to ストレート。インに引いて押してやる=ストレートに出す。
    50センチを真っ直ぐ打てるようにする。50センチの先をライン上に設定して、そこを通過させる。
    上りはボールの後ろから、下りはボールとホールの間で素振りする。
    高速グリーンとはボールの速さが早いのではなく、なかなか止まらないグリーンのこと。

    下半身を固定しておいて上半身をひねる。両腕が脱力して体の前にあればトップの位置は決まる。
    アドレスではお腹に力を入れる。上半身は力を入れない。
    両足の指で大地を掴む=母趾球に乗る=少しつま先よりになる。
    テイクバックはお腹と背中で上げる。トップまでの一瞬に負荷がかかる。ヒトに呼び止められて振り向くのと同じ=肩でなく胸を回す。
    切り返しでは腕はまだ反対周りをしている。腕を背中に置いてくる。
    重力を利用してクラブが降りてくる。
    フォローで頭とクラブが引っ張り合う。ハンマー投げと同じ。
    フィニッシュは左の股関節に乗る。片足で立てる。
    バックスイングで右股関節、フィニッシュで左股関節。

    左打ちのスイングの練習をする。

    プレッシャーがかかるときはグリップが強くなり、スイングが早くなり当てに行きやすい。失敗したらその点を注意する。

    股関節を柔軟にするストレッチ=腰割り、肩を入れて5秒静止。

    ゴルフとスキーは同じ=リズムを大事に。

    ボールの落とし場所に集中する。実際にできなくても。
    教示的セルフトークをしながらラウンドする。

    ゴルフの練習は明日のスコアではなく1年後のスコアのためにある。

    頭の中に理想的なスイングを再現する。クラブを持たないで練習。

    振り切れるアイアンの重さが理想の重さ。
    続きを読む

    投稿日:2018.11.02

  • nutshide

    nutshide

    特定のプロゴルファーとかインストラクターが書いたのではなく、ライター集団が書いたらしい。それだけに諸説が客観的にまとめられていて、納得性は高い。特にパターについての解説は科学的な根拠が示されていて、なるほどと思う。同業だけに本ができるだけのウラ舞台も見えてくる。続きを読む

    投稿日:2012.01.08

  • tashiako387

    tashiako387

    非常に分かりやすく書かれていて、今後のゴルフライフの参考にぬりました。科学と聞いて最初は理解できるかなと思いましたが、イラストやデータを分かりやすく入れて頂いていたのでスッと頭に入りました。

    投稿日:2011.12.20

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。