街場のアメリカ論

内田樹 / 文春文庫
(48件のレビュー)

総合評価:

平均 4.1
12
22
7
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • asa0804

    asa0804

    譌・邀ウ髢「菫ゅ↓蟋九∪縺」縺ヲ縲√ヵ繧。繝シ繧ケ繝医ヵ繝シ繝峨?√い繝。繝ェ繧ォ繝ウ繧ウ繝溘ャ繧ッ縲√い繝。繝ェ繧ォ縺ョ邨ア豐サ繧キ繧ケ繝?Β縲∵姶莠臥オ碁ィ薙?∝?遶・陌仙セ??√す繝ェ繧「繝ォ繧ュ繝ゥ繝シ縲√い繝。繝ェ繧ォ莠コ縺ョ霄ォ菴薙→諤ァ縲√く繝ェ繧ケ繝域蕗縲∫、セ莨夐未菫りウ?悽?医け繝ゥ繝悶d邨千、セ縺ェ縺ゥ?峨?∬」∝愛縺ェ縺ゥ蟷?コ?>繧「繝。繝ェ繧ォ縺ョ閠?ッ溘?
    荳?逡ェ蜊ー雎。逧?□縺」縺溘?縺ッ邨ア豐サ繧キ繧ケ繝?Β縺ォ縺、縺?※縲ゅい繝。繝ェ繧ォ縺ョ邨ア豐サ繧キ繧ケ繝?Β縺ッ縺?▲縺九j髢馴&縺」縺溽オア豐サ閠?′驕ク蜃コ縺輔l縺ヲ繧ら?エ螻?逧?↑莠区?縺ォ縺ェ繧峨↑縺?h縺?↓蛻カ蠎ヲ蛹悶&繧後※縺?k縲√→縺?≧迚ケ雉ェ縺後≠繧九→縲ゅ∪縺溷サコ蝗ス縺ォ縺ゅ◆縺」縺ヲ縲∫炊諠ウ縺悟?縺ォ縺阪※縺?k逅?ソオ蜈郁。後?蝗ス螳カ縺ァ縺ゅk縲√→縺?≧轤ケ縲ゅ%縺薙〒蠑慕畑縺輔l縺ヲ縺?k繝医け繝エ繧」繝ォ縺ョ縲後い繝。繝ェ繧ォ縺ョ繝?Δ繧ッ繝ゥ繧キ繝シ縲阪b隱ュ繧薙〒縺ソ縺溘>縲
    続きを読む

    投稿日:2018.12.11

  • stratton

    stratton

    久しぶりに内田本を。

    アレクシス・ド・トクヴィルに献呈するという
    記載から始まっているので、いつもの内田節
    と違うのかな?と思ったけれど、そんなものは
    杞憂に過ぎなかった(笑)。
    ページをめくるそばから、いつもの内田節が
    さく裂!

    のっけから、この本を書くに至った経緯の中で、
    こうおっしゃる。

    “私はもともと仏文学者であって(今ではその
    名乗りもかなり怪しいが)、アメリカ史にも
    アメリカ政治にもアメリカ文化にもまったくの
    門外漢である。非専門家であるがゆえに、どの
    ような法外な仮説をたてて検証しようとも、誰
    からも「学者としていかがなものか」という
    隠微な(あるいは明確な)圧力をかけられる心配
    がない。”
    “この立場はアメリカを論じる場合には、単に
    「気楽」というのを超えて、積極的に有利な立場
    ではないかと思い至ったのである。”

    この割り切り(と言うか、開き直り?)ぶりが、
    ある一定の読者層をとらえて離さない理由の一つ
    なのはまちがいない。

    そして、この一冊は、うんうんと頷くことよりは
    「うわー、そう来たかぁ!」と思うことが多かった。
    そのうちの一つが、アメコミを題材にした第3章で
    展開したアメリカン・ヒーローが象徴するものと、
    日本のヒーローのそれとの比較。
    そんなのアリ?と思いつつ、最後は納得してしまう。
    また内田マジックにやられた。


    そう言えば、偶然にも昨日(5月29日)の朝日新聞
    土曜版beに、内田センセイの凛々しい姿が。
    続きを読む

    投稿日:2018.11.18

  • キじばと。

    キじばと。

    日本のナショナル・アイデンティティは、「アメリカにとって自分は何者であるのか」という問いをめぐって構築されてきたという観点から、日米関係について考察をおこなっています。さらに、ファスト・フードや戦争、児童虐待、訴訟社会、キリスト教といったテーマを取り上げ、アメリカという国家のあり方を解き明かそうとしています。

    いつから内田樹は岸田秀になってしまったのか、と言いたくなるような、精神分析的な観点からのアメリカ社会の考察が展開されています。個々の議論ではおもしろいところも多々あったのですが、全体の枠組みについていけないところもあります。これまで著者に対して共感するところも多かっただけに、ちょっと残念です。
    続きを読む

    投稿日:2015.04.21

  • senahate

    senahate

    このレビューはネタバレを含みます

    楽しかったではあるけど、推論推論の組み合わせで話が構成されているから、たまに読んでいて大丈夫かなと不安になる。 でもアメリカでは、何故あんなにも太っている人が多いのか。何故ハリウッド映画は、子供嫌いを演出をしているのか、面白い答えを示していると思う。 しかし、アメリカは独特な国だな。てか、変な訴訟が多すぎる。。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2014.08.18

  • cheapeer

    cheapeer

    単にアメリカの文化、習俗を解説する本ではなかった。現代日本を知るための他者としてのアメリカ。アメリカなくして現代の日本はない。アメリカという国を具に観ていくことでこの日本をより深く知る。そのためのアメリカ論。
    そういう理路に根差した本だった。
    内田先生の炯眼が光る。
    合点のいくアメリカの捉え方。そしてそれはそのまま日本という国のあり方の理解、再認識に繋がっていく。
    続きを読む

    投稿日:2014.06.03

  • panda88

    panda88

    このレビューはネタバレを含みます

    ファストフードやアメコミ、統治システム、サイコ(シリアルキラー)などなど、いつものレヴィナスではなく、トクヴィルというフランス貴族の「アメリカにおけるデモクラシーについて」という著作をもとに書いたアメリカ論。トクヴィルの著作は19世紀のものにもかかわらず、底から読み取れるアメリカという国の本質がほとんど建国当初から変わっていない事に驚き。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2014.03.02

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。