ハッピー・チョイス

中島たい子 / 集英社文庫
(4件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
0
2
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • momo0707

    momo0707

    作家の喜世はサクラとして行った蕎麦打ち合コンで映像作家の福原と知り合い、付き合うことに。二人はやがて結婚話へと進むが、そんな自分に
    すっきりしないものを感じていた喜世が選んだ未来は…。結婚を意識しているが、でも仕事に打ち込む自分も捨てられない、そんな女性の方がリアルに描かれている。この作家の女性は皆どこか共感するところがあって好き。続きを読む

    投稿日:2017.02.20

  • おこめ

    おこめ

     人はどうして結婚するのか。求めているのは精神的安定、それとも社会的安定なのか。女性にとって結婚とは生まれ変わりなのか。結婚と同時に仕事を辞めるかどうかの選択が頭をよぎるのはなぜか。そもそも「結婚=幸せ」なのか?"婚活"という言葉もあるなかで、「結婚」に対する固定観念を今一度見つめ直してみたくなる、そんな結婚小説。
     結婚するもしないも子どもを産むも産まないも、全部自由だからこそ難しいこともあるけど、自分のした選択が自分や大切な人にとってハッピーであればそれで良いのかなぁと思えるラストが好き。
    続きを読む

    投稿日:2015.12.13

  • ベルガモット

    ベルガモット

    漢方小説がよかったので、手にした。
    アラフォー女性の持つモヤモヤと妄想をコミカルに表現していて、笑いながら読めた。周囲の友人も魅力的。

    福原さんみたいな、素敵な男性はなかなかいないよなあ。

    家庭社会学者の解説も、わかりやすくてよかった。続きを読む

    投稿日:2015.12.10

  • akuiry

    akuiry

    ポップな読みやすいアラフォー女子の結婚にまつわる話…だったが、ラストは怒濤のように意志のある展開だった。
    暗くなくさっぱりと気持ちよい感じがよかった。
    恋愛小説じゃなくて結婚小説なんだっつー社会学者の解説もふむふむだった。続きを読む

    投稿日:2013.08.30

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。