編集者魂 私の出会った芥川賞・直木賞作家たち

高橋一清 / 集英社文庫
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 3.5
0
1
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • d-kousuke

    d-kousuke

    熱い魂を持った編集者の記録。若干の自慢がかった記述は否めないが、「書く」という業に突き動かされた作家と「書かせる」執念を持った編集者との闘いには興奮させられる。

    投稿日:2012.08.01

  • masa_nakaji

    masa_nakaji

    先日、芥川賞・直木賞が決まった。受賞された作家さん、おめでとうございます。
    ◆この文庫は、上記の両賞を主催する文藝春秋の編集さんの本。当然、選考過程もご存じらしく、楽しく読めた。
    ◆いろんな作家さんが出てくるが、私が気に行ったのは最終章の「芥川賞・直木賞」物語。
    ◆エピソードが多いのでそれだけでも興味深いけど、この章だけを読んでも買う価値ありかも。
    ◆あとがきの冒頭に「人の体は食べたもので作られ、人の考えは会った人によって作られる」で、ぐぐっと読者の興味を引くあたり。さすが長年の編集者さんですね。
    続きを読む

    投稿日:2012.07.20

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。