龍馬暗殺の謎 諸説を徹底検証

木村幸比古 / PHP新書
(4件のレビュー)

総合評価:

平均 3.3
0
1
3
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • coby

    coby

    71点。坂本龍馬暗殺の実行犯は見廻組で決着がついてるんだと思ってたけど、なんかありそうなタイトルに惹かれて読んでみたら、結局はそういう話でした。
    とは言いながら当初の実行犯と目されていた新選組説や薩摩藩陰謀説、その他諸説を検証していく過程は興味深い。
    はたして真犯人は?!は言い過ぎとしても、歴史というのは、さまざまな史料を分析して過去の出来事を推測するもの。それが歴史研究の醍醐味で、その数だけたくさんのフィクションだって生まれるわけよね。
    続きを読む

    投稿日:2012.07.13

  • bax

    bax

    このレビューはネタバレを含みます

    [ 内容 ]
    幕末最大のミステリー・坂本龍馬暗殺事件。
    それは、大政奉還から戊辰戦争へと時代がうねる中で起きた惨劇だった。
    当初、実行犯と目されたのは新選組、だがそれを覆す供述で見廻組が浮上。
    それら幕府側の組織を統轄したのは会津藩である。
    一方、討幕側の薩摩藩にも陰謀めいた思惑が見え隠れする。
    徳川慶喜の処遇を巡って龍馬の存在が目障りとなったのか?さらに、新史料から、意外な藩の影が浮かび上がる。
    はたして、真犯人、そして黒幕とは?
    龍馬が駆け抜けた混迷の政局を読み解き、諸説を検証する。

    [ 目次 ]
    第一章 維新への道(土佐勤王党からの出発;坂龍飛謄;龍馬の剣術 ほか)
    第2章 龍馬暗殺事件の謎(新選組説の謎;薩摩藩陰謀説の謎;見廻組説の謎 ほか)
    第3章 見廻組異聞(見廻組の組織;新発見・佐々木只三郎の鎖帷子;只三郎の最期と背信の部下たち ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

    レビューの続きを読む

    投稿日:2011.04.23

  • restoration

    restoration

    著者は暗殺関与を証言した渡辺篤の残した文書をTVで読み解いた経歴を持つ。サブタイトルどおり諸説を検証していき、最も妥当と思われる結論を導きだしている。が、西郷の蓑田伝兵衛宛て書状を誤読したり、西郷が今井を助命したとかいう怪文書的な逸話を薩摩黒幕説の傍証とするなど、詰めの甘い箇所が見受けられる。続きを読む

    投稿日:2010.12.11

  • etre

    etre

    タイムマシンでもできない限り真相は分からないけど、色んな憶測や説に思いを馳せることができるのも、歴史の魅力だと思う。

    投稿日:2010.04.05

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。