アナログ(analog) (Vol.62)

音元出版(出版) / 音元出版

作品情報

季刊・アナログ
2018
WINTER
vol.62
CONTENTS
--------------------------------------------------------------------------------------------
「先端」を極めた伝統
ORTOFON SPU Century
音楽を語る至宝の奏者、SPUのいま 角田郁雄
--------------------------------------------------------------------------------------------
ピットインインタビュー 第49回 ケイコ・リーさん(後編)
「歌い手としてステージに立つまで」 田中伊佐資
--------------------------------------------------------------------------------------------
レコード悦楽人登場!
James Catheyさん、黄 健さん
--------------------------------------------------------------------------------------------
連載 ―美しき音の彫刻― 角田郁雄
--------------------------------------------------------------------------------------------
厳選! 至福の銘品・音の五つ星物語
LUXMAN PD-151 石原 俊
AIR TIGHT ATM-300R 小原由夫
M2TECH Nash 小原由夫
FYNE AUDIO F1-10/F702 山之内 正
PIEGA MASTER LINE SOURCE 3 山之内 正
DS Audio DS-E1 小林 貢
ACCUPHASE E-480 小林 貢
PHASEMATION CM-2000 角田郁雄
AUDIO TECHNICA AT-SUT1000 井上千岳
--------------------------------------------------------------------------------------------
avangardeからニューカマー
UNO XD FINO EDITIONが登場! 鈴木 裕
--------------------------------------------------------------------------------------------
特集
「フォノイコライザー」のたしなみ 井上千岳、山之内 正
AD-50を使ってA級とAB級のトップモデルでアナログ再生を楽しむ 石原 俊
上級機を受け継ぐAurorasound待望のエントリーモデル 石原 俊
EATから最新フォノイコとカートリッジが登場 角田郁雄
リンの新星SELEKT DSMのフォノイコライザー機能を楽しむ 山之内 正
コンパクトなバッテリー内蔵フォノイコのススメ 生形三郎
イコライザーカーブで探る名盤の真実 和久井光司
--------------------------------------------------------------------------------------------
特別レポート/注目製品
MY SONIC「ハイエンドブランド2モデルの違いを楽しむ」角田郁雄
JBL「4312系に最新のGバージョンが登場」石原 俊
VIVID Audio「新コンセプトKAYAシリーズ旗艦モデルが奏でる音楽表現」小原由夫
TECHNICAL BRAIN「音の細部に込められた意味を引き出すTBC-Zero/c」角田郁雄
Davone「技術者兼社長 ポール・シェンクル氏インタビュー」小林 貢
REGA「レコードに刻まれた音楽信号を生命感溢れる音楽として蘇らせる」小林 貢
PRO-JECT「オルトフォン100周年とコラボした最新プレーヤー」小原由夫・・・※各種権利等により、デジタル版には写真が非表示または記事そのものが収録されていない場合がございますのでご了承願います。

もっとみる

商品情報

シリーズ
アナログ(analog)
著者
音元出版
ジャンル
雑誌 - 音楽・TV・エンタメ
出版社
音元出版
書籍発売日
2018.12.17
Reader Store発売日
2018.12.17
ファイルサイズ
355.2MB
シリーズ情報
既刊28巻

以下の製品には非対応です

  • Reader

※この商品はタブレットなど大きなディスプレイを備えた機器で読むことに適しています。
文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

新刊自動購入はいかがですか?

新刊自動購入をご利用いただくと、次の号から毎号自動的にお届けいたします。お得なポイントプレゼントも!

新刊自動購入について

アナログ(analog) (Vol.62)

  • 試し読み
  • 新刊通知

    • 音元出版

    • アナログ(analog)

    もっとみる

    この作品のレビュー

    平均 0 (0件のレビュー)

    レビューを書く

    0
    0
    0
    0
    0

    新刊自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。

    • ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!
    • ・買い逃すことがありません!
    • ・いつでも解約ができるから安心!

    ※新刊自動購入の対象となるコンテンツは、次回配信分からとなります。現在発売中の最新号を含め、既刊の号は含まれません。ご契約はページ右の「新刊自動購入を始める」からお手続きください。

    ※ご契約をいただくと、このシリーズのコンテンツを配信する都度、毎回決済となります。配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。ご契約中は自動的に販売を継続します。

    不定期に刊行される「増刊号」「特別号」等も、自動購入の対象に含まれますのでご了承ください。(シリーズ名が異なるものは対象となりません)

    ※再開の見込みの立たない休刊、廃刊、出版社やReader Store側の事由で契約を終了させていただくことがあります。

    ※My Sony IDを削除すると新刊自動購入は解約となります。

    お支払方法:クレジットカードのみ
    解約方法:マイページの「予約・新刊自動購入設定」より、随時解約可能です

    続巻自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。

    • ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!
    • ・買い逃すことがありません!
    • ・いつでも解約ができるから安心!
    • ・今なら優待ポイントが2倍になるおトクなキャンペーン実施中!

    ※続巻自動購入の対象となるコンテンツは、次回配信分からとなります。現在発売中の最新巻を含め、既刊の巻は含まれません。ご契約はページ右の「続巻自動購入を始める」からお手続きください。

    ※ご契約をいただくと、このシリーズのコンテンツを配信する都度、毎回決済となります。配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。ご契約中は自動的に販売を継続します。

    不定期に刊行される特別号等も自動購入の対象に含まれる場合がありますのでご了承ください。(シリーズ名が異なるものは対象となりません)

    ※再開の見込みの立たない休刊、廃刊、出版社やReader Store側の事由で契約を終了させていただくことがあります。

    ※My Sony IDを削除すると続巻自動購入は解約となります。

    お支払方法:クレジットカードのみ
    解約方法:マイページの「予約自動購入設定」より、随時解約可能です

    Reader Store BOOK GIFT とは

    ご家族、ご友人などに電子書籍をギフトとしてプレゼントすることができる機能です。
    贈りたい本を「プレゼントする」のボタンからご購入頂き、お受け取り用のリンクをメールなどでお知らせするだけでOK!
    ぜひお誕生日のお祝いや、おすすめしたい本をプレゼントしてみてください。

    ※ギフトのお受け取り期限はご購入後6ヶ月となります。お受け取りされないまま期限を過ぎた場合、お受け取りや払い戻しはできませんのでご注意ください。
    ※お受け取りになる方がすでに同じ本をお持ちの場合でも払い戻しはできません。
    ※ギフトのお受け取りにはサインアップ(無料)が必要です。
    ※ご自身の本棚の本を贈ることはできません。
    ※ポイント、クーポンの利用はできません。

    クーポンコード登録

    登録

    Reader Storeをご利用のお客様へ

    ご利用ありがとうございます!

    エラー(エラーコード: )

    本棚に以下の作品が追加されました

    本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

    画面左上にある「三」ボタンをクリック

    サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

    このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

    ご協力ありがとうございました
    参考にさせていただきます。

    レビューを削除してもよろしいですか?
    削除すると元に戻すことはできません。