容量市場の真実 第1回入札の失敗を詳細分析

山家 公雄(著) / NextPublishing

作品情報

いくつか存在する電力市場のうちの一つ「容量市場」は、現在使う電気ではなく、数年後(日本の場合は4年後)に必要とされる電気を供給する能力を確保・入札する市場です。その必要性を巡る論議はあったものの、2020年日本では容量市場が創設されました。しかし、2020年9月14日の第1回の入札結果は、先行する海外でも類を見ない高額な約定価格となりました。これにより、2024年度には応札した発電所は総額1.6兆円もの支払いを受けることになります。この1.6兆円は小売事業者が負担する一方で、発電設備の8割は旧来の電気事業者が所有しています。この容量市場による落札結果・負担金により、卸電力取引市場の機能が阻害されて電力価格が高止まりし、新電力は経営の危機に陥り、非効率の発電設備が生き残って再生可能エネルギーの導入が進まなくなるという分析もあります。この本では、この人為的な「日本版」容量市場の失敗要因について詳細に分析します。その中で、米国PJMの容量市場との比較、そして容量市場のないテキサス州との比較を行い、今後の日本の電力市場のあるべき姿について論じます。【目次】はじめに -市場機能で発電設備を活用し、新陳代謝を実現-第1章 電力市場と日本版容量市場 1-1 はじめに:第1回容量市場入札結果のインパクト 1-2 電力市場の役割とは何か:供給側に偏った利益を消費者に移す 1-3 容量市場の目的と課題を海外はどう考えたか 1-4 日本版容量市場の悲劇第2章 容量市場とは何か -日本で検討されたこと- 2-1 容量市場が必要とされる理由 2-2 日本版容量市場の概要と特徴 2-3 第2章の終わりに:海外比較を含めて議論を尽くしたのか第3章 あり得ない高価格となった第1回入札 -総額1.6兆円負担の意味- 3-1 第1回容量市場入札結果とその解釈 3-2 高価格約定となった理由を考える 3-3 供給過小(発電設備埋没)を検証する 3-4 第3章の終わりに第4章 米国と本質的に異なる制度 -PJMとどこが違うか- 4-1 容量市場の基本設計 4-2 米国PJMの特徴 4-3 日米制度の本質的な違い 4-4 第4章の終わりに第5章 容量市場なしで予備力を確保するテキサス州 5-1 電力市場の役割とは何か 5-2 ドイツの戦略的予備力 5-3 テキサス州のエネルギーオンリーマーケット 5-4 第5章の終わりに終章 容量市場入札総括こそ2050年温室効果ガス排出実質ゼロの出発点参考文献著者紹介

もっとみる

商品情報

シリーズ
容量市場の真実 第1回入札の失敗を詳細分析
著者
山家 公雄
ジャンル
サイエンス・テクノロジー - 環境・エネルギー
出版社
インプレスR&D(NextPublishing)
掲載誌・レーベル
NextPublishing
書籍発売日
2020.12.01
Reader Store発売日
2020.12.18
ファイルサイズ
11.2MB

以下の製品には非対応です

  • PlayStation®Vita

容量市場の真実 第1回入札の失敗を詳細分析

  • 試し読み
  • 新刊通知

    • 山家 公雄

    • 容量市場の真実 第1回入札の失敗を詳細分析

    もっとみる

    この作品のレビュー

    平均 0 (0件のレビュー)

    レビューを書く

    0
    0
    0
    0
    0

    新刊自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。

    • ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!
    • ・買い逃すことがありません!
    • ・いつでも解約ができるから安心!

    ※新刊自動購入の対象となるコンテンツは、次回配信分からとなります。現在発売中の最新号を含め、既刊の号は含まれません。ご契約はページ右の「新刊自動購入を始める」からお手続きください。

    ※ご契約をいただくと、このシリーズのコンテンツを配信する都度、毎回決済となります。配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。ご契約中は自動的に販売を継続します。

    不定期に刊行される「増刊号」「特別号」等も、自動購入の対象に含まれますのでご了承ください。(シリーズ名が異なるものは対象となりません)

    ※再開の見込みの立たない休刊、廃刊、出版社やReader Store側の事由で契約を終了させていただくことがあります。

    ※My Sony IDを削除すると新刊自動購入は解約となります。

    お支払方法:クレジットカードのみ
    解約方法:マイページの「予約・新刊自動購入設定」より、随時解約可能です

    続巻自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。

    • ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!
    • ・買い逃すことがありません!
    • ・いつでも解約ができるから安心!
    • ・今なら優待ポイントが2倍になるおトクなキャンペーン実施中!

    ※続巻自動購入の対象となるコンテンツは、次回配信分からとなります。現在発売中の最新巻を含め、既刊の巻は含まれません。ご契約はページ右の「続巻自動購入を始める」からお手続きください。

    ※ご契約をいただくと、このシリーズのコンテンツを配信する都度、毎回決済となります。配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。ご契約中は自動的に販売を継続します。

    不定期に刊行される特別号等も自動購入の対象に含まれる場合がありますのでご了承ください。(シリーズ名が異なるものは対象となりません)

    ※再開の見込みの立たない休刊、廃刊、出版社やReader Store側の事由で契約を終了させていただくことがあります。

    ※My Sony IDを削除すると続巻自動購入は解約となります。

    お支払方法:クレジットカードのみ
    解約方法:マイページの「予約自動購入設定」より、随時解約可能です

    Reader Store BOOK GIFT とは

    ご家族、ご友人などに電子書籍をギフトとしてプレゼントすることができる機能です。
    贈りたい本を「プレゼントする」のボタンからご購入頂き、お受け取り用のリンクをメールなどでお知らせするだけでOK!
    ぜひお誕生日のお祝いや、おすすめしたい本をプレゼントしてみてください。

    ※ギフトのお受け取り期限はご購入後6ヶ月となります。お受け取りされないまま期限を過ぎた場合、お受け取りや払い戻しはできませんのでご注意ください。
    ※お受け取りになる方がすでに同じ本をお持ちの場合でも払い戻しはできません。
    ※ギフトのお受け取りにはサインアップ(無料)が必要です。
    ※ご自身の本棚の本を贈ることはできません。
    ※ポイント、クーポンの利用はできません。

    クーポンコード登録

    登録

    Reader Storeをご利用のお客様へ

    ご利用ありがとうございます!

    エラー(エラーコード: )

    本棚に以下の作品が追加されました

    本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

    画面左上にある「三」ボタンをクリック

    サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

    このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

    ご協力ありがとうございました
    参考にさせていただきます。

    レビューを削除してもよろしいですか?
    削除すると元に戻すことはできません。