みんなの履歴機能

みんなの履歴を見れば、フォローした人の読んだ・読みたい・レビューや、誰かにフォローされた、自分のレビューから本が売れた、の記録が確認できます。
みんなの履歴は、ページ上のみんなの履歴アイコンからいつでも見ることができ、何か動きがあると、数字でお知らせします。

すべてのみんなの履歴を見る

作家の収支
作家の収支

作家の収支

森博嗣 (著) / 幻冬舎 / 幻冬舎新書 / 2015.12
文学・小説 / エッセイ・随筆 / 作家の収支

クレジットカードはじめて購入キャンペーン

対応デバイス

  • Reader™
  • PlayStation®Vita
  • Android™
  • iPhone, iPod, iPad
  • ブラウザ
書籍説明

1996年38歳のとき僕は小説家になった。作家になる前は国立大学の工学部助教授で、月々の手取りは45万円だった。以来19年間に280冊の本を出したが、いまだミリオンセラの経験はなく一番売れたデビュー作『すべてがFになる』でさえ累計78万部だ。ベストセラ作家と呼ばれたこともあるが、これといった大ヒット作もないから本来ひじょうにマイナな作家である――総発行部数1400万部、総収入15億円。人気作家が印税、原稿料から原作料、その他雑収入まで客観的事実のみを作品ごと赤裸々に明示した、掟破りで驚愕かつ究極の、作家自身による経営学。

書籍情報

シリーズ :
作家の収支
著者 :
森博嗣 (著)
出版社 :
幻冬舎
レーベル :
幻冬舎新書
おすすめ度 :
5件のレビュー
書籍発行日 :
2015.11.30
Reader™ Store発売日 :
2015.12.18
ISBN :
9784344984028
フォーマット :
EPUB 3
ファイルサイズ :
1.4MB
シリーズ情報 :
1冊 配信中

みんなのレビュー

3
1
1
0
0

おすすめ度

5件のレビュー

よいレビューだと感じたら、【参考になった】ボタンを押そう!
ボタンを押してから本を購入すると、よい本を紹介してくれた感謝のしるしとして、レビュワーにReader Storeからソニーポイントをプレゼントします。

  • K.K

    2016.2.21 11:33

    すべてがマイナ化する

    報告
    このレビューを掲載しないほうがいいと思いますか?

    このレビューが不適切だと思われる場合は、物語の核心がわかってしまう「ネタバレ」か、不適切な内容を含む「スパム」かを選択し報告ボタンを押してください。
    報告いただいた内容をReader™ Storeで参考にし、適切な処理をいたします。

    ご協力ありがとうございました。
    参考にさせていただきます。

    淡々とというかズバズバとありのままを述べる安定の森節。
    印税その他、収入と支出の話はまあそうだろうね、という感じで、一例としてとてもおもしろい。
    それはともかく、終盤の、出版のみならず、ものの売れ方についての未来というか現状もズバリ。
    すべてがマイナ化する。

    関係ないけど、私も早く一日の労働時間を1時間にできるように努力したい。

  • カナ

    2016.1.9 17:56

    読んでよかった

    報告
    このレビューを掲載しないほうがいいと思いますか?

    このレビューが不適切だと思われる場合は、物語の核心がわかってしまう「ネタバレ」か、不適切な内容を含む「スパム」かを選択し報告ボタンを押してください。
    報告いただいた内容をReader™ Storeで参考にし、適切な処理をいたします。

    ご協力ありがとうございました。
    参考にさせていただきます。

    この著者のような年代の人の書くエッセイって、
    説教臭いのが多いものなんですが、
    私が読んだところでは、この本にはそういうモノは感じられなかった。
    ひたすら事実を追う内容なので、ひっかかることなくスラスラ読めました。
    久しぶりに、
    「読んでよかった」と思えた新書でした。

  • まさし

    2017.2.24 00:07

    作家を一職業として考えられるようになりました

    報告
    このレビューを掲載しないほうがいいと思いますか?

    このレビューが不適切だと思われる場合は、物語の核心がわかってしまう「ネタバレ」か、不適切な内容を含む「スパム」かを選択し報告ボタンを押してください。
    報告いただいた内容をReader™ Storeで参考にし、適切な処理をいたします。

    ご協力ありがとうございました。
    参考にさせていただきます。

    タイトルに偽りなく、作家が自らの著作でいくら稼いでいるのか、収入について原稿料から印税は元より講演料やテレビ出演に至るまで隠すことなく赤裸々に綴っています。それに対して支出は、極論、紙と鉛筆があれば文章は紡げるので少ないのは分かりますが、作家として生計を立てるにはある程度の知識や経験が必要になるので、今までの人生の総額と言えなくもないでしょうね。
    何にしても、職業の一つとして、どれぐらいの売り上げがあって、どらぐらいの間隔で作品を発表して行けば作家として生計を立てられるのか。考えたこともなかったことを具体的に考えられるようになったのは、見聞が広がった気がします。

  • パァムゥクゥヘン

    2016.7.30 00:28

    作家という仕事はいくらになるか?

    報告
    このレビューを掲載しないほうがいいと思いますか?

    このレビューが不適切だと思われる場合は、物語の核心がわかってしまう「ネタバレ」か、不適切な内容を含む「スパム」かを選択し報告ボタンを押してください。
    報告いただいた内容をReader™ Storeで参考にし、適切な処理をいたします。

    ご協力ありがとうございました。
    参考にさせていただきます。

    本書は、活動期間19年で約15億稼いできた、マイナではあるが成功した作家森博嗣による、主にこれから作家になろうとしてる人に向けた作家生活収支報告書である。
    マイナではあるがというのは、著者が、本書の中でそう自称しているからというのもあるが、私も、この、既に19年も活動し、その間に15億も稼いでいる著者の名前を本書で初めて知ったくらいであるからだ。
    収支報告は多岐に渡り、印税から、解説、講演、出演、TV化、アニメ化、キャラクター使用料等が具体的にどの位の額になったのかが書かれている。
    とりわけ印象に残ったのは、2005年から2008年までの3年間、ウェブマガジンに掲載されたブログの仕事で、執筆に1日あたり15分を要し、当時の本業、国公立大学の助教授の収入とほぼ同額の収入があり、さらにその上、そのブログは文庫化され、それがまた相当な収入になったというはなしだ。大学の仕事は、1日12時間を要し、かなりのストレスだったというはなしで、執筆がいかに割のよい仕事かということが語られている。もちろん、マイナではあるが成功した作家森博嗣の場合である。
    単位時間あたりの労力と、それに対する報酬で、割のよい方をとろうとするのは純粋ではないという考えもあるかもしれない。
    しかし、私たちは、歳をとるにつれて、気力体力は、普通衰えるのだから、割に合わない事柄は、畳んだり断念したりするかもしれない。
    著者の場合は、幸運にも、ストレスの多い、かつ割に合わない大学助教授の仕事の方を畳むことができた。
    終章は、これから作家になろうとする人への提言、アドバイスであり、著者は「無料で奉仕は思い上がりだと思う」「金を払ってでも読みたいものをつくるのが仕事」「最初から奉仕では、一流にはなれない」と語っている。
    作家みたいなことをやりたいと思う人は、「金にならなくとも」とかいった考えを持ったりすることもあるが、作家に限定せずとも、あることを仕事にするとはどういうことなのかについて考えさせれた。

  • ken-kiku

    2016.12.4 20:00

    森博嗣さんの勤勉さがわかる

    報告
    このレビューを掲載しないほうがいいと思いますか?

    このレビューが不適切だと思われる場合は、物語の核心がわかってしまう「ネタバレ」か、不適切な内容を含む「スパム」かを選択し報告ボタンを押してください。
    報告いただいた内容をReader™ Storeで参考にし、適切な処理をいたします。

    ご協力ありがとうございました。
    参考にさせていただきます。

    作家,森博嗣さんのこれまで(2015年まで)の収支が赤裸々に書かれている。本に関わる仕事をしている人,したい人は,ぜひ読んでみるべきだ。
    森博嗣さんといえば,某国立大学工学部助教授の身で「すべてがFになる」でデビューされた天才作家。この本を読んでも,その天才ぶりがわかる。
    森さんは,自分自身のことは「マイナな作家」だと言われているが,決してそんなことはないだろう。なので,この収支というのは作家さんたちの中でも当然上位に分類されるものだとは思うが,それを支えているのは,森さんの超多作ぶりなのだろう。(もちろん,作品が面白いことが大前提だが)19年間で約280冊の本を出すというのは,月1冊以上のペースだ。
    しかし,森さんがミリオンセラーを出していないというのは実はちょっと意外。

  • 作家の収支のレビューをすべて見る

780 円(税込)

優待プログラムの詳細

本コンテンツは、ブラウザでお読みいただけます。(β版サービス提供中)
「試し読み」ボタンをクリックして、お使いのブラウザで正しく表示されることをご確認の上、ご購入ください。

試し読み

本コンテンツは、Internet Explorer バージョン10、11、Google Chromeのブラウザでお読みいただけます。
Internet Explorer 10、11は、Windows 7以上、Google Chromeでのブラウザ閲覧はWindows 7以上、Mac OS 10.8以上でご利用いただけます。

Windows 7以上のOSをお使いで、Internet Explorer 9以下のバージョンをご利用の方は以下よりダウンロードをお願いいたします。

Internet Explorer 最新版のダウンロード

Windows 7以上もしくはMac OS 10.8以上のOSをお使いの方は、Google Chrome最新版をダウンロードすることでブラウザ対応コンテンツをお楽しみいただけます。

Google Chrome 最新版のダウンロード

対応ブラウザについて詳しくはこちら

本コンテンツは、Internet Explorer 10、11、及び、Google Chrome 最新版で、直接お読みいただけます。
新刊通知
シリーズ OFF
森博嗣 OFF

このシリーズ / 作者の新刊が配信された際にお知らせします。

新刊通知の管理画面へ

対応デバイス
  • Reader™
  • PlayStation®Vita
  • Android™
  • iPhone, iPod, iPad
  • ブラウザ
コンテンツについて

※Reader(PRS-G1/T1/650/350)で読む際に、本体ソフトウェアのアップデートが必要となる場合があります。詳しくはこちら

ランキング もっと見る
2017.4.30
  1. 1 キープ
  2. 2 キープ
  3. 3 キープ
  4. 4 アップ
  5. 5 アップ
アプリダウンロード
  • Google play
  • App Store
特集・キャンペーン
  • 「この本を電子化して欲しい!」などのリクエスト募集中!
  • メルマガ会員登録すると100ポイントプレゼント