【APA LIBRARYオープン記念】アパホテル・元谷芙美子社長がスペシャルゲストで登場!カリスマ経営者が衝撃を受けた読書体験とは?

【APA LIBRARYオープン記念】アパホテル・元谷芙美子社長がスペシャルゲストで登場!カリスマ経営者が衝撃を受けた読書体験とは?

2020.01.09 - 特集

Reader Storeとアパホテルがコラボした「APA LIBRARY」 OPENを記念して、ホテル業界でトップを走り続ける元谷芙美子さんがゲストとして登場! 「本」を通して、元谷社長の「これまで、そしてこれから」を語っていただきました。

【profile】

元谷 芙美子(もとや ふみこ)

福井県福井市生まれ。
福井県立藤島高校卒業後、福井信用金庫に入社。22歳で結婚し、翌1971年、夫の元谷外志雄が興した信金開発株式会社(現アパ株式会社)の取締役に就任する。1994年4月にアパホテル株式会社の取締役社長に就任。会員制やインターネット予約システムをいち早く導入し、全国規模のホテルチェーンへと成長させる。2006年早稲田大学大学院公共経営研究科修士号を取得し、2011年には同博士課程を修了。現在、アパホテル株式会社取締役社長をはじめ、アパグループ11社の取締役、東京国際大学客員教授、日台文化協会理事を務める。

アパホテルネットワークとして全国最大の562ホテル9万2,588室(建築・設計中、海外、FC、パートナーホテルを含む ※2019年11月29日現在)を展開。アパカード(同社発行のポイントカード)累積会員数は、1,800万名を突破。

<著書>
・「私が社長です。」(IN通信社)
・「元谷芙美子の幸せ開運術」(IN通信社)
・「強運 ピンチをチャンスに変える実践法」(SBクリエイティブ)

【profile】

「運」は平等。“感謝の気持ち”と“プラス思考”で活かしてほしい

――はじめに自著『強運』について。この作品を書いたきっかけ、この本に込めた社長の思いなどを教えてください。


2001年には『私が社長です。』、2005年には『続・私が社長です。』を出版し、大変好評をいただいておりました。2010年4月から頂上戦略を開始し、東京都心でホテルを増やしていったことで、皆様から注目していただき、TV出演や講演をさせていただく機会が増えました。そこでよく「どうすれば成功できるのか?」と聞かれ、自分でもこれまでの人生を振り返ることが多くなったんです。がむしゃらに目の前のことに取り組んできて、その結果こんなに会社が大きくなり、街では皆さんから声を掛けていただけるようになりましたが、振り返って考えてみると、つくづく自分は運に恵まれてきたんだと実感します。


そこで2017年に『強運』を出版させていただくこととなりました。『強運』にも書きましたが、生まれた時は超未熟児で瀕死の状態でしたが、運よく息を吹き返し、これまで健康に生きてくることができました。また、高校時代は地元の進学校に通い、大学に進学して先生になることを夢見ていましたが、3年生の時に父が病で倒れ、大学への進学を諦めて信用金庫に就職。その結果、今の夫と出会い、こうしてアパホテルの社長として、皆さんにかわいがっていただけるようになりました。


では私に特別な「運」があったかというと、どうでしょうか? 私は、運は全ての人に平等にあるものの、その「運」を活かすかどうかでその後の人生が変わってくる、と思っています。そして、その「運」を活かすための秘訣が、どんな出来事もプラスに考えることと、人への感謝の気持ちを忘れないことです。いつも感謝の気持ちを忘れず、ポジティブシンキングでいれば、ピンチをチャンスに変えることができ、成功の可能性が高まると思います。そうした成功の秘訣を皆さんに伝えたいと思い、私の少し恥ずかしいエピソードも交えながら、読んで元気になる本にしたいと考えました。

アパホテルの元谷芙美子社長による、プラス思考を徹底して運を引き寄せる方法を説いた一冊です。

仕事をしていると毎日のように訪れる大小さまざまなトラブルや想定外の危機。それらをマイナスな出来事とは考えず、プラスに転換できるチャンスと捉える。
そうすることで、おのずと強運になり、道がひらけてきます。

そんな強運体質になるための実践法を、豊富なエピソードをもとにご紹介します。

先行きが不透明で不安も渦巻くこの時代のなかで、何があっても、たくましく、前向きに生きていく。そして必ず結果を出す。そんな人になるためのヒントが満載です。

経営で一番大切なのは先読み。ビジネスマンに贈りたい1冊は…

――元谷さんと言えば、ビジネスの達人のイメージです。ビジネスを進めていく上で参考になった本はありますか?


私がビジネスの参考になると思う本は、手前味噌ではありますが、弊社の月刊誌『Apple Town』です。特に私の夫であるアパグループ代表の元谷 外志雄が「藤 誠志」のペンネームで掲載している社会時評エッセイは、その時々の国際情勢や国内政治、経済、歴史などを鋭く解析し、日本の進むべき道を具体的な施策を交えて提言しています。経営で一番大切なのは先読みです。これから何が起こるかがわかれば、人よりも一歩早くチャンスを掴むことができます。


そのほかにも、夫の元谷外志雄の書籍は、『報道されない近現代史』、『誰も言えない国家論』、『誇れる祖国、日本』、『【増補版】理論近現代史学』など、いずれも経営において参考となるものばかり。特におすすめは『報道されない近現代史』で、戦後の国際情勢を「核を巡る鬩(せめ)ぎ合い」というキーワードで読み解き、これまで教えられてこなかった視点を示してくれて、まさに目から鱗が落ちるほどです。

アパホテル客室に常備されている話題の書がついに一般書籍化!
大幅にページが増やし完成形となった問題の書に刮目せよ!

※『報道されない近現代史』『誰も言えない国家論』『誇れる祖国、日本』は未電子化書籍です。

自分とは正反対!? マキャヴェッリの『君主論』

――出会って、衝撃を受けた本などはありますか?


私が衝撃を受けた本は、マキャヴェッリの『君主論』です。夫の影響で手に取ってみたのですが、あまりにも冷徹に人間の心理を見抜いたマキャヴェッリの言葉に衝撃を受けました。私も社長として組織にトップに立ち、社員を引っ張っていますが、どうしても社員を信じ、家族のように愛し、可愛がってしまうので、マキャヴェッリの説くリーダーにはなれません。「ともかく、君主は、たとえ愛されなくてもいいが、人から恨みを受けることがなく、しかも恐れられる存在でなければならない」「人間は、恐れている人より、愛情をかけてくれる人を、容赦なく傷つけるものである」といった言葉は、私とは正反対です。私は先頭に立って部下に戦う姿を見せ、部下を愛情で包み込むようなリーダーになりたいと思っています。

傭兵ではなく自前の軍隊をもち、人民を味方につけ、時には道徳的な悪をもためらわない。フィレンツェ共和国の官僚で外交軍事の実務を担ったマキャヴェッリが、君主に必要な力量(徳)を示し、キリスト教的モラルから脱却した新しい君主像を提言した主著。マキャヴェッリのいうリアリズムとは現状追随ではなく、理想を実現するためにリアリストに徹するということである。近代政治学における最重要古典。

次は、経営者を目指す若者向け経営論を書きたい

――これから書いてみたいテーマ・読んでみたいテーマを教えてください。


今後機会があれば、私の経営論について書いてみたいと思います。経営論と言ってもそんなに難しい内容ではなくて、私のこれまでの経験に基づいて、どうすれば社員の皆がそれぞれ成長し、頑張ってくれるかとか、社会における企業の役割は何かとか、会社が危機に直面した時にトップはどう行動すればよいかとか、そんなことを、これから経営者を目指す若い人たちにわかりやすく伝えられたらいいなと思っています。



――最後に2020年のアパホテルの展開、そしてビジネスパーソンへのメッセージをお願いします。


2020年はいよいよ東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。今年は、「アパホテル&リゾート〈両国駅タワー〉」や「アパホテル&リゾート〈東新宿歌舞伎町タワー〉」、六本木に今ある1棟に加えて5棟が同時にできる「アパホテル〈六本木SIX〉」など、大型プロジェクトがどんどん開業を迎えます。昨年の9月に開業した日本最大級の「アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉」(2,311室)は、開業翌日には満室になるなど、予想以上に好調で、平均稼働率が8割を超えています。今年も大きく飛躍する年になると期待しています。


オリンピックが終わると不動産価格が下落するのではないかと心配する声も聞かれますが、良い立地の不動産を持てば、たとえ一時的に時価が下がっても、賃貸で運用することで、安定した収益を得ることができます。そうした意味では、この低金利時代に銀行から低利で借金できる方は、不動産投資のチャンスです。常に感謝の気持ちを忘れず、ポジティブシンキングで物事に取り組んでいれば、きっとチャンスが訪れる。そのチャンスを逃さないよう、普段から心の準備をしておくことが大切。とにかく、元気に明るく頑張っていきましょう!

プレゼントの応募は終了しました

プレゼントの応募は終了しました

●プレゼント内容

・ 電子版『強運 ピンチをチャンスに変える実践法』(5名様)


●応募期間

2020年1月9日(木)00:00~2020年1月22日(水)23:59


●応募条件

・「Reader Store」のメールマガジンの受信設定をONにされている方。


●当選発表

当選者の方へは、登録されているメールアドレス宛に2020/1/28(火)にご連絡いたします。

(当選発表日は都合により、前後する場合がございます)


●ご注意事項

・お一人様1回のみのご応募となります。

【「APA LIBRARY」概要】

電子書籍ストア「Reader Store」とアパホテル株式会社との新しいサービス「APA LIBRARY」を2019年12月13日(金)にスタートしました。

【「APA LIBRARY」概要】

「APA LIBRARY」は、アパホテル宿泊者(各部屋のWi-fiエリア)限定で対象の電子書籍が無料でお楽しみいただけるサービスです。 各部屋に設置されているテレビのトップ画面でQRコードを読み取ることにより、お客様がお持ちのパソコン、タブレット、スマートフォンにてご利用いただけます(一部ホテルを除きます。順次導入予定です)。ラインナップは、ビジネスパーソンと旅行者に向けたコンテンツを毎月更新していきます。ご宿泊の際はぜひご利用ください。

「元谷芙美子社長おすすめ本」のご購入にぜひご利用ください!

「元谷芙美子社長おすすめ本」のご購入にぜひご利用ください!

※「90%OFFウェルカムクーポン」は最初にサインインいただいたアカウントに付与されます。クーポンの利用は本の購入時に選択してください。
※クーポンReader Storeを初めてご利用される方にプレゼントしています。過去サインインされたことがある方は対象外ですので、ご注意ください。

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック