集英社新書・学芸単行本フェア 第1弾

集英社新書・学芸単行本フェア 第1弾

2018.07.13 - セール・キャンペーン

集英社刊行の新書・学芸単行本から作品を厳選し、2回に分けてお送りするSALEです。第1弾は「科学」がテーマ。『非線形科学 同期する世界』『したがるオスと嫌がるメスの生物学 昆虫学者が明かす「愛」の限界』など様々な「不思議」に迫ります。

キャンペーン概要

【期間】2018/7/13(金)~7/26(木)
【内容】対象作品 20%OFF

ピックアップ

非線形科学 同期する世界

蔵本由紀 / 集英社新書

(19)

¥588 (税込)

何万匹ものホタルが同時に明滅する、吊り橋を歩く集団の歩調が自然に揃って橋が大きくたわむ……これら驚くべき現象はすべて「同期(シンクロ)現象」によるも。同期現象は単に奇妙な現象というだけではなく、心拍や体内時計といった生命維持活動にも関与し、最新ロボット制御システムの鍵を握るなど、実は我々の生命や社会を形作る上で欠かせない物理現象です。著者は同期現象を記述する「蔵本モデル」を編み出したこの分野の第一人者。本書は我々の身近に起こる同期現象を数式を使わずに解説しつつ、世界を支配する知られざる法則を解き明かします。

したがるオスと嫌がるメスの生物学 昆虫学者が明かす「愛」の限界

宮竹貴久 / 集英社新書

¥588 (税込)

近年世界中で新発見が相次ぎ、進化生物学界で論文が急増中のテーマ「性的対立」。この分野の国内第一人者である昆虫学者が、四半世紀以上の長きにわたる自身の研究成果を紹介しながら、進化生物学の初歩から驚きの最新知見までを明らかにします。より多くの精子をより効率的にばら撒きたいオスと、より質の良い精子を厳選したいメス。繁殖戦略の違いによって生じる「性的対立」と「対抗進化」の世界を、著者は昆虫学の目で問い直します。受精、つまり「愛の成就」に最も重要な決まり手とは何か。われわれ人類の求愛行動への示唆にも富んだ、目からうろこが落ちる一冊です。

SALE対象作品

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )