コミック

女帝の手記

里中満智子 / 里中プロダクション

シリーズ内の平均評価:

(0)

時は奈良時代、聖武天皇と光明皇后の間に生まれた娘、阿倍内親王。 皇太子だった阿倍の弟は体が弱く、幼くして死んでしまう。 藤原氏直系で唯一の内親王となった阿倍は、皇太子として即位する。 藤原家の期待を背負い、女の幸せを捨て、阿倍の政治家としての日々がはじまろうとしていた・・・ 史上初の女性皇太子となり、二度、天皇として即位した女帝の華麗なる生涯。

クーポンコード登録

登録