【感想】夢と金

西野亮廣 / 幻冬舎単行本
(155件のレビュー)

総合評価:

平均 4.2
72
46
29
3
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • あめこ

    あめこ

    ラグジュアリー層に支えられていることを自覚した。
    ラグジュアリー層に搾取されてもいるけれど。

    生まれた環境と遺伝と変えられないものが多いから、搾取される人がそこから抜け出すのはなかなか難しい。
    でも、知っているか知らないかで変わることができる。それも行動しないことには、始まらない。

    子どもには、早いうちに知っていて欲しいけれど、どうやったら伝わるか。
    本を読めばいいけれど、本を読むことを強制できないし。
    これも難しい課題。

    自分に至っては、ラグジュアリー層から課金していただく方法なんてあるのだろうか。そもそも、ラグジュアリーとして生きてみる未来はあるのか、想像できないな。
    イメージできないことは、実行できないと思っているから、自分のマインドを変えるところから始めよう。
    今日が1番若い日ですから。
    今から始めよう。
    続きを読む

    投稿日:2024.07.14

  • kaido

    kaido

    お金の使い方とか稼ぎ方のベースとなる考え方を磨くことができて勉強になった。
    西野さん、クリエイターとか消費者にとって有意義な企画を実行されていてすごいなと思うけど、そのような貢献対象を子どもにまで広げてもらえるともっといいのになと思う。「プペル」もすごい絵本だと思うけどクリエイター界隈のためのものであって、子どもための絵本になっていない気がする。続きを読む

    投稿日:2024.07.14

  • コロ

    コロ

    お金の集め方(クラウドファンディング、NFT)が大半。
    ☀︎役に立つかではなく、そのもの自体に意味があり、比べるものがない『ラグジュアリー』に価値がある
    ☀︎満足ラインをオーバースペックは自己満。
    ︎応援したいひと=目的地を曝け出せる人続きを読む

    投稿日:2024.06.15

  • schmetterling

    schmetterling

    なるほどと考えさせられるところがいくつもあった。
    西野さんって、とても賢い人なんですね。

    本編は、文字が少なくてとても読みやすかったです。
    内容は濃かった。

    お金についての話は、本当にちゃんと子どもの頃に聞きたかったな笑

    続きを読む

    投稿日:2024.06.11

  • サメ好き

    サメ好き

    図書館デビュー1作目
    所要時間:2時間弱

    【金が尽きると夢も終わる】

    なるほど、と思わされるはじまり。
    日本は金融リテラシーが低いと言われるけど、自身もお金について触れることは、なんとなくタブーとして育ってきたように思う。
    子どものお金の使い途が無駄遣いか貯金しかない、というのは、それ以外を教えられる環境がないから…
    そんな中、知らないことが自分も人も苦しめる。
    優しい人になるためには知って学ばなければいけない、と思わされる本。

    自身が営業職なので、選ばれるためのヒントになりそうなことを列挙。

    プレミアムとラグジュアリー
    ラグジュアリー=夢
    夢=認知度-普及度
    皆 不便を求めている
    応援シロ
    顧客とファン
    機能と意味
    機能検索から人検索

    公共性の高い商品を提供している場合は、どうしても機能が(あたりまえに)求められるので、その上でのラグジュアリー感ってなんなのだろう。

    とくに形のないものだと、機能面では常にいたちごっこ。
    選ばれるためには、会社か私のファンになってもらうしかないのか…?
    でも確かにうまくいくときは、皆応援してくれていた。
    助けたい、と思わせられるか…なのか。
    もとは私だから与えられる付加価値を提供したい、と思って就いた仕事なので、いい加減に、商品頼みは卒業しないといけないのかもしれない。

    西野さんの作品はプペル以外は初めて読んだが、思いのほかアグレッシブで驚き。
    ご本人の経験や例も多数入っているので分かりやすい。
    ひらめき、考えて、さらに行動し継続できる人は尊敬する。
    続きを読む

    投稿日:2024.06.09

  • smyle(スまイル)

    smyle(スまイル)

    お金の教育は、間違いなく大切と思う。
    学校も、むやみに「不便」を取り除きすぎたから、
    価値が下がり今の窮状を迎えている気がする。

    納得する部分も多いが、
    そんな言い方せんでも、と思うことは
    ままあります。
    それが敢えてのことなのかは分かりかねますが
    外野に警鐘を鳴らしているようで、
    そもそも外野を受け付けないようにしている印象。
    続きを読む

    投稿日:2024.06.08

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

追加された作品は本棚から読むことが出来ます

本棚を開くには、画面右上にある「本棚」ボタンをクリック

スマートフォンの場合

パソコンの場合

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。