【感想】官邸は今日も間違える(新潮新書)

千正康裕 / 新潮新書
(7件のレビュー)

総合評価:

平均 3.1
1
2
2
1
1

ブクログレビュー

"powered by"

  • 松村 訓明(まつむら のりあき)

    松村 訓明(まつむら のりあき)

    筆者の本を読むのは「ブラック霞が関」に次いで2冊目です。この本はコロナ禍で実施された小中高の一斉休校や布マスクの配布などの政策について、官邸でどのような経緯で決まったのか、また、どうすればよかったのかが良く分かる本です。印象に残った部分は「特にコロナ禍のように、「すべての国民に不都合のない結論」が出せないような場面では、国のトップがどのようなメッセージを国民に向けて出すかが、強く問われる。」(124P)という部分です。『「不都合なことであっても将来のため、あるいは、より大きなリスクを避けるために、説明して何とか理解してもらう」という姿勢が必要だ。』(127P)です。コロナ禍を振り返りたい方にはお薦めします。続きを読む

    投稿日:2024.06.23

  • kitano

    kitano

    このレビューはネタバレを含みます

    元厚生労働省官僚で、Twitterをはじめて官僚が政策を
    民に伝える能力の無さを自分なりに改善したと称する
    官邸主導になった経緯が説明されていて、政治家が政
    策を実行するまでのプロセスに悪い変化が起きている
    ことを新型コロナ騒動で露呈したトラブルを例に説明
    途中から、霞ヶ関ブラックとなった構造を縷々語るが
    国会ルールの見直ししかないと主張、色々主張される
    けれども規制をなくす事よりも正しい規制を作ること
    に熱心な様子(´・ω・`)

    レビューの続きを読む

    投稿日:2023.08.29

  • zhongxia

    zhongxia

    官僚の人たちは高学歴が多く、難しい長文が苦にならないし、理解できる。
    しかも怒られることを嫌うから完璧な文章を作る。
    だから彼らが作る書類は難解になる。

    投稿日:2022.12.10

  • kissarmy0814

    kissarmy0814

    書いてあることは正しいです。だが、自分は「ブラックな」厚労省、霞ヶ関から逃げたのに「上から目線」なのが許せないという個人的な感情で低評価です。筆者の属性を除けば良書です。

    投稿日:2022.08.17

  • たけ

    たけ

    日経書評で「日本のコロナ対策を検証」した3冊のうちの1冊として紹介されていた本。

    タイトルが、そのとおりだよね、と。
    オビの「バラマキ給付、アベノマスク、接触アプリ、GoToトラベル、欲しかったのは、これじゃない!」ってフレーズ、まさしくそのとおり!
    じゃあ、なんでそうなっちゃったの?ということを論じた本。

    政策の意思決定は、小泉劇場型政治などを経て、官僚主導から官邸主導へと変わってきている。政策は大きく早く動くようなった。
    特に国民の注目度の高い政策は、①権力の集中した官邸が、②国民の人気を気にして、③少数の人間で急いで決めるようになった。

    政治は、小選挙区制導入などで「支持率至上主義」 が加速化され、それがSNS時代の到来により、どんどん短期的な人気取りに陥ってきている。
    実務的に業務がちゃんと回るかということを考えずに意思決定がされ、ミスは繰り返され、官僚の実務担当者や自治体、委託先の民間企業が、過重労働で疲弊する。そしてそれにもかかわらず、国民には政策の効果が届かない構図は続いていく。

    …トホホな図式だ。

    経済が右肩上がりの時代は、基本的には利益を分配するのが政治の役割だったが、今は誰かに負担や我慢をお願いする形での意思決定が必要だ。全員に不都合のない結論を出すことは難しく、政治家にとっても難しい時代だ。

    コロナ禍の政策決定には、日本の政治が抱えている「不都合なことを意思決定できない」問題が色濃く出たものといえる。

    なんというか、悲観的になってしまうのだけど…
    霞ヶ関改革や国会改革、国民のできることについても書かれているので、自分のできることを地道に一歩一歩進めていくしかないなあ、と。
    続きを読む

    投稿日:2022.03.27

  • Shunsuke Mitsui

    Shunsuke Mitsui

    2022.6
    政策起業家研究として。
    ・政治の意思決定は利益の再分配から不利益の再分配へ
    ・それに伴い全ての人が満足できない政策決定へのアップデートが必要。

    投稿日:2022.02.12

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

追加された作品は本棚から読むことが出来ます

本棚を開くには、画面右上にある「本棚」ボタンをクリック

スマートフォンの場合

パソコンの場合

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。