繊細な人 鈍感な人

五百田達成 / PHP研究所
(3件のレビュー)

総合評価:

平均 3.0
0
0
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • ごい

    ごい

    「言ってる意味わかる?」→話し手の責任を聞き手に転嫁
    「この伝え方で大丈夫?」「わかりにくくない?」

    「ご理解のほどお願いします」→理解の強制
    「わかるだろ?」と言われ、納得がいかないなら「『何を』ですか?」とすっとぼけてみよう。ささやかな抵抗ではあるが、少なくとも「自分の気持ちに嘘をつかなかった」という事実が、あなたの良心を守ってくれるだろう。

    モラル違反な発言してしまったときのリカバリー
    「感覚が違うだけー」



    「私はいいけど」
    あなたはいいんですね。
    続きを読む

    投稿日:2021.12.23

  • すきいち

    すきいち

    私は鈍感な人寄りなので繊細な人の心理が知りたくて読んでみた。
    100万部突破との事で何よりだが、内容はほぼ無い。あくまでも著者の考え方!
    著者のアドバイスに従って言うならば、この本の内容こそ半分は受け流してよいのではないか?文中にも出てくる「押し売り」なのだから。続きを読む

    投稿日:2021.11.26

  • ややちの

    ややちの

    このレビューはネタバレを含みます

    >鈍感な人は「他人を理解しようとする気持ち」が弱い。 「目の前の人は自分と同じ価値観だ」と信じて疑わない。人それぞれの価値観を理解しようとせず、むしろ、みんなが同じじゃないと気がすまない。
    確かにそう。でも一方で、繊細な人も同じように、自分がこれだけあなたを慮っているのだから、あなたも同様にそう扱ってほしいという気持ちや欲が少なからずあると思う。(同じ気気持ちであってほしいという気持ちは持っているはず…かと)そういった気持ちが全くなかったモヤることもないだろうし。と考えると、結局、「I」メッセージを伝えあってコミュニケーションをすることができれば一番いいのだろうけど。それは、なかなか難しいし、そうすることで、ある意味少し煩わしい摩擦が減るものまたちょっと刺激が足りないよね。なんて思うのは、きっと私自身が鈍感な人だからに他ならないんだろう。

    読んでいるうちに明らかな差別部分や言葉の暴力を除いて、繊細さんにもそれなりにイライラしてしまう部分もあり(笑)コミュニケーションってほんと、難しいよね…なんて、思った。こういう本を読むと、自分が気づいていないだけで、自分だってどこかで、ちゃんと嫌われてきたんだろうなということを自覚する。そこには繊細な人の「嫌いだ」「苦手だ」ということさえも悟らせない気遣いがあったんだろうなと。そして、自分はその優しさに甘えて生きてきたということ。



    レビューの続きを読む

    投稿日:2021.09.10

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。