新ジャポニズム産業史 1945-2020

マット・アルト(Matt Alt), 村井 章子 / 日経BP
(4件のレビュー)

総合評価:

平均 4.5
1
1
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • tosyokan175

    tosyokan175

    竹内まりあの「プラスチックラブ」や松原みきの「真夜中のドア」などの日本のシティポップスが海外に見つけられた、という話題に触れると、なんだかうれしいような気がします。YouTubeでいろんな国の人がとても上手な日本語で「♪私のことを本気で愛さないで♪」なんて歌っているのを見ると、こっちだって単なるリスナーだったのに変にプライドが満たされるような気持ちになってしまいます。この本を読んでもそんな気分になります。ハイスクールの日本語のクラスで手塚治虫にハマったことで日本のポップカルチャーの研究家になった著者が、世界の人々の生活を変えた日本発サブカルチャーの歴史をぐいぐい紐解いていく本です。玩具、アニメ、カラオケ、ハローキティ、ウォークマン、女子高生、オタク、ファミコン&ゲームボーイ、2ちゃんんる…本書はグローバルの読者に向かれて書かれたものなので日本人の自意識を離れた外からの視点で、でも日本生まれのコンテンツ愛にまみれて書かれたものなのでかなり新鮮でした。キーマンへのインタビューも丁寧にしているし。インタビューされる側も外人顔の人にマニアックな質問されるとうれしかったのではないか、とかも考えました。それを世界の流れの座標軸に置く、という作業なので辛辣な部分も出てきます。例えば「鉄腕アトム」の「アストロボーイ」としてのアメリカ上陸は決してコンテンツとして評価された訳じゃなくローカル局にとっての激安アニメとして実現したとか。この本の原題は「PURE INVENTION How Japan Made the Modern World」というように、邦題の「新ジャポニズム産業史1945-2020」という大きな物語ではなくて、ひとりひとりのクリエイターのファニーで熱い熱情のお話です。どれもが、まるでイグノーベル賞のような隅っこの物語。しかし、産業史というより社会史として大きく世界を変えてきたことがわかります。いや、成熟した資本主義の中での生活の変化史かも。「実際には、日本というもの自体が純然たる創作(pure invention)なのだ。そんな国は存在しない、そんな人々はいない…日本人というものは…単に一つの表現様式であり、芸術の精巧な空想の産物にほかならない。ーオスカー・ワイルド『虚言の衰退』1889年」ワイルドの時代、つまり日本は開国した時代から、世界にファンタジーとして発見されるそんな存在でありました。クールジャパンって今どうなっているのか知りませんが、国の政策というより一人ひとりのファンタジーの蓄積が気になります。続きを読む

    投稿日:2021.10.03

  • 縞猫屋

    縞猫屋

    まず翻訳者のセンスの良さが光っている。もしかしたら著者が日本語で書いているのではと思ってしまうくらいハマっている。
    内容は現代日本文化を学びたい外国人学生向けの入門書というよりレビューという感じ。ゼミの種本として本書を起点に学生に関連トピックを調べさせるのも良い。続きを読む

    投稿日:2021.09.21

  • nobu2kun

    nobu2kun

    『#新ジャポニズム産業史』

    ほぼ日書評 Day471

    一見、堅そうに見えるタイトルだが、ページをくれば、あっという間に時間が過ぎる。

    ジャポニズム、19世紀末、モネやゴッホを始めとする印象派の画家達が憧れ、ティファニー等の工芸品にも大きな影響を与えた日本の美術・芸術・工芸の数々。

    太平洋戦争による一時的な断絶はありつつも、SONYによる復活から、パックマン、マリオ、ポケモン、AKIRA等々にいたる、「日本発文化」がいかに西欧社会に影響を与え、さらには根付いて行ったかを、米国出身の著者が紐解いてくれる。

    その根底にあったものは、巻頭の一節がよく物語る。いわく、(外国の消費者が、もっと日本らしいものを求めるようになってきたように見えたのは、実は)外国の消費者自身が日本人にどんどん似てきたのだ。バブルの崩壊、政治的カオス、若年世代のバーチャル逃避など、日本が数十年早く経験した現象が今や他の国にも起きている。日本が作ってきたのは、単なる製品ではなかった。日本のクリエイターと消費者は単なるトレンドセッターではなかった。先進国が迎えた晩期資本主義社会で、彼らは未知の領域の少し先を歩いていたのである。

    https://amzn.to/3h5detF
    続きを読む

    投稿日:2021.09.04

  • hinotoshiorichan

    hinotoshiorichan

    熊本学園大学付属図書館OPAC

    https://lib-opac.kumagaku.ac.jp/opac/search?isbn=9784296000296&type%5B%5D=book&type%5B%5D=magazine_title&type%5B%5D=magazine&type%5B%5D=paper&target=local&searchmode=complex続きを読む

    投稿日:2021.08.27

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。