ブランド

吉田修一 / 角川書店単行本
(12件のレビュー)

総合評価:

平均 3.3
1
4
6
0
1

ブクログレビュー

"powered by"

  • Haccinn502

    Haccinn502

    飽きない長さ、とても読みやすい。
    読後感が悪い気持ちにならない安心感。
    軽やかな空気感を感じたい時におすすめな一冊。

    投稿日:2022.01.02

  • chie_e

    chie_e

    21/10/30読了。少しずつ読むほうが適しているタイプ。旅に行きたいし、街ゆく人を眺めたくなった。

    投稿日:2021.10.31

  • 小春

    小春

    掌編だけでなくエッセイもあって、好きな作家の思わぬ一面を垣間見ることができて、興味深い一冊。
    おまけのインタビューは、吉田修一よりも前に出ようとする聞き手が鼻につく。聞きたいのは作家の言葉なのだから。

    投稿日:2021.10.24

  • よめ

    よめ

    最初、エッセイのつもりで読んでいたら企業から依頼があった小説だったり、タイアップの企画のものだったり、と。数ページで完結するため読みやすく、後半はご自身のエッセイだったので、エッセイと短編小説の両方が読めて何だか得した気分でした。続きを読む

    投稿日:2021.10.14

  • sami0518

    sami0518

    吉田さんが企業とのタイアップで書いたエッセイや短編小説をまとめたもの。
    すごく読みやすくてサクサク読めた。

    最近、重厚で骨太な殺人事件みたいな作品が増えたけど、こういう作品もわたしは好き。

    特に「NIGHT COLOR」シリーズが好きだったな。
    主人公と恋人の関係性がなんというか、フレキシブルで読んでいて心地よかったです。
    続きを読む

    投稿日:2021.10.10

  • ユースケ

    ユースケ

    好きな話もあるにはあったが、ブランドコンセプトの過去作を寄せ集めして作った感は拭えず。
    小説、紀行、エッセイと切り口がバラバラなのも、気になった。
    とはいえ、吉田修一さんの文章の巧さは十分感じることはできる。続きを読む

    投稿日:2021.10.06

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。