竜とそばかすの姫

細田守 / 角川文庫
(34件のレビュー)

総合評価:

平均 3.7
5
13
12
2
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • ぽんきち

    ぽんきち

    細田守監督映画『竜とそばかすの姫』の小説版。

    高知の田舎町に住む鈴は、平凡で内気な女子高生。容姿にも自信はなく、顔のそばかすを気にしている。
    昔は歌を歌うのが大好きだったが、子供の頃、母親を亡くして以来、心を閉じてしまい、人前で歌うことができずにいる。
    そんな鈴だが、友達のヒロちゃんに「U(ユー)」というインターネット空間を教えてもらう。そこでは「As(アズ)」という分身(アバター)を作り、別の自分として存在することができる。
    鈴は自らのIDを「ベル」とする。
    アップロードした写真から、「U」のAIが自動作成した画像は、同じ学校のアイドル的存在、ルカちゃんに似ていた。ルカちゃんと一緒に写った写真を使ったからかもしれなかった。でも顔にはちゃんとそばかすがあった。
    鈴は、いやベルは、「U」の中でなら歌うことができた。個性的で魅力的な歌に、「U」に集う「As」たちは夢中になった。
    「U」はボディシェアリング技術を使って、ユーザーの隠された能力を引き出すことができるプラットフォームだった。歌いたいけれど歌えずにいた鈴の望みと才能を見事に花開かせてみせたのだ。
    ヒロちゃんのプロデュースの力も借り、ベルは瞬く間にフォロワーを増やしていった。
    最初は、鈴=ベル(Bell)の意味でつけた名前だったが、いつとはなしに、他の「As」たちからは、フランス語の美しい(Belle)の綴りがふさわしいと言われるようになった。
    世界中でファンが増えるにつれて、疑問も膨らんだ。
    「Who is Belle?」-ベルって誰?

    ベルの大規模なライブが行われた時、闖入者が現れた。
    「竜」と呼ばれる「As」。「U」の武術館に現れては、汚いやり方で勝ち続けているモンスター型「As」だった。荒々しく粗暴で、嫌われ者。「U」の平和を守るジャスティスたちに追われている。
    ベルのライブがめちゃくちゃにされたのは、ジャスティスに追われた竜が転げ込んだためだった。
    竜の正体が何なのかも「U」の大きな関心を集めていた。
    ジャスティスは正体を暴く「Unveil」の技術を使って、竜を丸裸にすると息巻いている。これを行うと、現実世界の姿がさらされ、もう「U」に存在することはできなくなるというのだ。

    ベル(鈴)は、竜が単に悪いやつだとはどうしても思えない。それは自分もまた現実とはまったく異なる仮想を生きているからかもしれなかった。
    ベルは竜の城を探して「U」の中をさまよう。
    やっと見つけた竜と鈴の間に通うものは。
    そして彼の現実での正体とは。

    ・・・いや、これはなかなかすごい。
    細田の過去作品『サマーウォーズ』も思い出させるような仮想空間がとにかく魅力的。小説でこうであれば、映像作品ならさぞかしと思わせる。
    美しい(歌)姫とケダモノという取り合わせは、(ベルという名からしても)まるっきり「美女と野獣」なのだが、さて、それぞれには別の現実の姿があって、というのがミソ。
    ただ、鈴は確かにつらい経験もしていて、父との仲もぎくしゃくしているのだが、実際には頼りになる友人もいて、初恋の男の子もいて、鈴に密かに思いを寄せる別の子もいて、さらには母の旧友たちが鈴を見守ってくれていて、と、とにかく「恵まれて」いる。この甘さには、ちょっと都合が良すぎると感じなくはない。

    とはいえ、仮想空間と現実がまったく切り離されるのではなく、仮想の世界のつながりが現実の苦悩も救うのだ、というストーリー展開には希望も感じるし、著者の願いも込められているように思う。
    誹謗中傷があったり、無責任な噂が飛び交ったり、仮想空間にはさまざま問題がある。けれども、便利なことには間違いないし、使いようによっては、実際に現実を支えるものにもなるはずだ。

    ミュージシャンの中村佳穂が声優を務めることでも話題を呼んだ。
    本作はいずれ、映画を見たい。
    続きを読む

    投稿日:2021.09.06

  • アカタ

    アカタ

    207冊目読了。
    映画はまだ観てないけど音楽は聞いてるのでここかぁって思いながら読み進めた。
    今のSNS時代にもあてはまる状況で、リアルが見えないことで変われるもの、隠れ蓑に覆われることで傲慢・誹謗に走るもの、正義を振りかざすもの、さも自分の考えが正しいと心ない発言をするもの。
    それでも読んでて後半鈴の行動にジーンときた。
    映画観たくなってきた!
    続きを読む

    投稿日:2021.09.04

  • nssulib

    nssulib

    https://library.nittai.ac.jp/carinopaclink.htm?OAL=SB00537731

    投稿日:2021.09.03

  • きむ

    きむ

    ある女の子がUの世界を通じて、成長する物語。Uの世界で、現実で自分より苦しい思いをしている人を見つけ、救うために自ら大きな一歩を踏み出す。女の子の成長を強く感じられる作品。

    投稿日:2021.08.31

  • 露草

    露草

    映画を見て疑問が湧いたので読んだ本

    感想は「音楽聞きにいこ…」

    今回読んだ目的が「映像の補填にならないかな〜」と思って読んだから、読んだ後は「音楽!!」となった
    そして結果的に「現代版(細野守版)美女と野獣」の言葉はしっくりきた(映画だけ見るとちょっと納得しずらかったので…)

    そして終着地点もあれだけ複線や前振りがあると納得した
    でも「Uの世界」と「現実」の境目が分からなかった所がチラホラ…読解能力がまだまだなんだな…と無理やり自分に押し付けたところもある

    あと、これは言っても仕方が無いんだろうけど「土佐弁出てこんのんかぃ」って映画を観つつ思い、文章を読みながら思ったwww
    続きを読む

    投稿日:2021.08.25

  • BOOK

    BOOK

    普段は映画より本で読む方が好きだけれど、この竜とそばかすの姫は映像がきれいで歌もあるので映画で見るほうがいいと思う。

    投稿日:2021.08.24

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。