百田尚樹の日本国憲法

百田尚樹 / 祥伝社新書
(22件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
5
10
5
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • nssulib

    nssulib

    ▼配架・貸出状況
    https://library.nittai.ac.jp/carinopaclink.htm?OAL=SB00534777

    投稿日:2021.04.21

  • hori2221

    hori2221

    このレビューはネタバレを含みます

    もう一つ。
    作者の小説は素晴らしいんだけど、この本はあまり好きじゃない。考え方が違うからなんだろう。
    日本国憲法は、不備が多く矛盾も多い。改正が必要だと思う。だけど、憲法は、その国の理想を掲げるものだと思っている。現状と食い違っているから合わせるべきでは無いと思う。平和を掲げる理想はいいんじゃないか。他の法律で現状を打破する。それが政治家なんじゃ無いだろか。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2021.04.17

  • もち

    もち

    日本国民として知っていなくてはいけない事。
    昨今のコロナ禍による後手後手の対応も、緊急事態条項が作成されていない憲法に問題がある。

    1日でも早く改憲しないと、今後同じような疫病・災害・軍事攻撃を受けた際には日本は滅んでいるかもしれない。

    緊急事態条項がない事に対してみんなは声を上げてほしい。
    続きを読む

    投稿日:2021.04.13

  • 皐月

    皐月

    日本国憲法、特に憲法9条について述べられている本書。
    著者は改憲派であり、現憲法がいかに矛盾と問題をはらんでいるか、切れ味鋭くユーモアを織り混ぜながら論じている。本書を読む限りにおいては、少なくとも憲法9条は改憲すべきだと思う。もちろん読む人によっては、逆の判断を下したり、その論調を不快に思う可能性もある。しかし、どちらにしろ、本書が憲法に興味を持つきっかけになる一冊だと私は思う。続きを読む

    投稿日:2021.04.01

  • kenshinakagawa

    kenshinakagawa

    結構、話題になっている本なので読んでみた。なるほど、なかなか説得力のある内容。特にスイスやウクライナの話、自分の国を守ることの重要性を事例を出しての紹介は説得力がある。ただ少々疑問なのが、ここまで憲法改正に心血を注いでいるのであれば、自分が議員になるという選択肢はないのかな?とちょっと思った。続きを読む

    投稿日:2021.03.25

  • いたたく

    いたたく

    少し右に寄りすぎてはいるが、感情的なコメントは除いた事実だけは日本国民とし知っておく必要がある。それを知るには良著だと思う

    投稿日:2021.03.19

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。