小説禁止令に賛同する

いとうせいこう / 集英社文庫
(1件のレビュー)

総合評価:

平均 3.0
0
0
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • そ

    今、よみたい、ディストピア小説。


    近未来、戦争に破れた日本は東端諸島とよばれ、亜細亜連合の統制下に。思想犯として投獄されている著者が、拘置所の小冊子「やすらか」に寄稿する「小説禁止令に賛同する」という随筆。

    小説を批判する随筆はいつしか虚構と入り交じり。

    演出がすごい。プロットが難解すぎる。きっとほどくともっと驚きがある気がする。斜め読み気味の部分もあり、もう一度しっかり読みたいような、そんな気力もうないような。

    「電脳空間での短言板」が世界を席巻する…
    続きを読む

    投稿日:2020.11.25

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。