哀愁しんでれら もう一人のシンデレラ

秋吉理香子 / 双葉文庫
(18件のレビュー)

総合評価:

平均 2.9
0
2
13
3
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • SYC

    SYC

    テンポよく読めて、面白かったけど、
    咲良の心情があっさり変わってしまうところや、
    落ちのB級感が残念

    投稿日:2021.10.26

  • ぴょん

    ぴょん

    え、エグい。
    自分のためならいいけど、他人の理想に合わせようとすると無理が生じる。無理のない人生がいいのでは?

    投稿日:2021.09.16

  • かりんとう

    かりんとう

    このレビューはネタバレを含みます

    そこまで望んでいないといいながら、8ページ9ページあたりを読むと、結構な望みだよなぁとおもってしまった。いろいろと大変な家庭事情が出てくるけれど、それにしても壮大な幸せを望むなあと。そして結婚後、「最高のクライマックス」「これ以上ないハッピーエンド」「それから、シンデレラと王子さまは、いつまでもいつまでも幸せに暮らしましたとさ」と思ってしまっている主人公。ここからがスタートなのに、ゴールだと思っている。そして、崩壊、暴走へ…。幸せになりたいだけと言っていた彼女、何が本当に必要か、わかっていたらこんなことにはならなかったのか?幸せに縛られたら不幸だなぁと思いながら読んだ。
    再読。記録。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2021.07.31

  • 木々

    木々

    さらっと読めてしまうテンポの良さが好印象だけれど、最後のオチがありきたりに感じた。
    1日で人間は簡単に変われるものだろうか…?
    何も疑いもしない夫にも違和感があるが、元妻が浮気して出て行く気持ちは分かる。
    伏線がありそうで楽しみにしていた分、結末が急加速すぎたので呆気なく思ってしまった。
    もう少し続けて、この家族を追った物語を書いて欲しい。
    続きを読む

    投稿日:2021.04.16

  • raindrops

    raindrops

    咲良が恵美の家に行き、赤ちゃんの誕生祝いにスタイをプレゼントした、最初のシーンから既に不穏な雰囲気が漂う。
    その後、ずっと不穏な気持ちの悪い雰囲気が続くという、最初から最後まで不穏な雰囲気の物語でした。最後は「何故、咲良がここまで壊れたのだろう?」と不思議でした。続きを読む

    投稿日:2021.04.15

  • ももんがもっちゃん

    ももんがもっちゃん

    映画を観た後に小説を読みました。イメージ的には映画の方が抱きやすいと思います。
    映画と小説は名前が違うからそこに少し違和感かもね
    なかなか残酷な物語だと思った。人間は環境次第でいくらでも変わるんだなと思いました続きを読む

    投稿日:2021.04.06

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。