銀河英雄伝説 19

田中芳樹, 藤崎竜 / ウルトラジャンプ
(5件のレビュー)

総合評価:

平均 3.7
0
2
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • yoshimitaka

    yoshimitaka

    うーわー……これは確かに手痛い失策。
    でも、それは結果論に過ぎなくて、あの場にいれば賢明な判断だったんですよねぇ。

    そしてついに始まる大作戦。
    これまでヤンと愉快な仲間達しかまともに戦えていなかった同盟側にも、ようやくまっとうな人材が出てきたのは喜ばしい限り。
    …皆キャラが強烈っていうのが、遅れてきた分を取り返そうとしてるかのよう(笑
    続きを読む

    投稿日:2021.11.21

  • マンガタリ編集部

    マンガタリ編集部

    ついに帝国軍がフェザーン回廊を突破して同盟領内に侵入。同盟軍はヤンの帰還を待ちつつ苦しい防衛戦を強いられることに…。「責任の重さを痛感する」とコメント、物語にナチュラル絡めつつ、安倍政権への嫌味を感じさせるものが混じってて笑ってしまう。チュン・ウー・チェン…旧アニメの大塚明夫さんキャラクターとはずいぶん雰囲気が違うけれど、飄々とした佇まいは好き。続きを読む

    投稿日:2021.01.08

  • 有穂

    有穂

    このレビューはネタバレを含みます

    ビュコックさんがついに元帥に。そしてまさか?同盟にまともに使える人的資源が。
    パンの人いいな。脳みそ使うからずっとパンかじってるのかな。というか、このパンの人思い出せないんだけど……できるだけ長くいてくれるといいな。

    ラインハルトはついに自ら動く。
    待っていたんだろうな。ヤンと戦う前の前哨戦とでも思っていそうだ。

    ヘテロクロミアの君は相変わらずかっこいいが、気弱そうな?参謀と少し近づけて、心の度量も少しは広がったかな。
    その辺がラインハルトには及ばないところなんだよなぁ。
    ミッターマイヤーさんは相変わらずの安定ぶりで、最後地団駄踏んでるとこもあったけど、双頭の蛇の真ん中にミッターさんがいたら、同盟的には泣きたくなるわな。

    そして少しずつ歴史に介入し始めている未来の歴史家、ユリアンが巻末で奇跡を起こす。
    ほんに良くできた子だ。
    フレデリカの友人の圧というか呪いは確実にヤンを蝕んでくれそうだね。キャゼルヌさんの呪いもわずかながら効いていそうだ(笑)
    ボリス・コーネフは覚えているよ!
    フェザーン人だったことは忘れていたけど。

    さて、ヤンは間に合うのか。
    続きは桜の季節に。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2020.12.27

  • tookikimie

    tookikimie

    「責任の重さを痛感する」ちょうど最近どこかで聞いたようなセリフ……
    「無意味回廊」草
    枷が外れて青ざめるヤン氏すき
    後に考えを改めることになるキャゼルヌさんすき
    「モニッ」てなんやねんw
    どんどんシリアスになるかなーと思ったけど結構声出して笑える箇所があって良い続きを読む

    投稿日:2020.12.26

  • tonpei

    tonpei

    本編、凄いよ!(゚A゚;)ロイエンタールとシェーンコップの一騎討ちとか…凄いんだけれど、気になるのは小ネタ(^^;)アイランズの豹変ぶりとか、パン屋の二代目の登場とか、キャゼルヌ先輩とか…(*`艸´)

    投稿日:2020.12.24

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。