XaaS(ザース)の衝撃 すべてがサービス化する新ビジネスモデル

日経産業新聞 / 日本経済新聞出版
(7件のレビュー)

総合評価:

平均 3.1
0
1
6
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • katakai

    katakai

    このレビューはネタバレを含みます

    動かない若者
     常時接続サービス以上のリアルな感動がない
    MaaS
    マイカーに頼らず、一方向大量輸送ではない手段

    DMG森
    工作機械の5軸化と複合化による自働化
    制御されればされるほど精密正確な世界になる
    議論を重ねて誰でもわかる世界に落とし込むのがドイツ

    NAVITIME 道路検索と公共交通検索の融合
    ヴァル研究所 Yahoo!路線情報、JR東日本アプリ、
    ジョルダン GoogleMap路線検索へDB供給 

    サブスク =継続収益ビジネスモデル ≠定額制
    リピーターがついているサービスならサブスクは必要ない。
    収益に上限をつくるだけになる。
    価格以外で会員ならではの価値を提供する必要がある。
     (レコメンドの精度アップなど):使いまくられない、飽きられない

    レビューの続きを読む

    投稿日:2021.08.09

  • nyonboo48

    nyonboo48

    ざっと読み。いろいろな種類の「aaS」があるのだなと認識。つながる口ができればできるほど可能性が広がるし、予想もしなかったつながりが出てくる可能性も秘めている。

    投稿日:2021.06.13

  • katotake

    katotake

    あらゆるモノがネットにつながりサービスとして提供されるXaaSについて語られている書。
    きっかけは移動、モビリティがサービスとして提供されるMaaS。特に新型コロナウイルス蔓延でサービスが加速されているようだ。

    デジタル資本主義の時代には、価値の源泉が労働力からデータに変わる。
    目を配るべきは、ライバルより、顧客のニーズの変化。

    所有からサービスへの移行。つまり人類がモノを持つ意味を考えるようになったのかもしれない。

    前半はMaaSの話が中心。まずは局所的に攻めることと、法整備が必要であることが分かった。
    後半ではその他のサービスに触れ、サブスクリプションビジネスや受験向け動画の話があった。洋服や鞄などのサブスクリプションビジネスは明暗が分かれているようだ。

    所有から離れていくことは想像できるが、どの分野でそれが起こるかは未知数。物事を見る時にサービスだったらどうなるか。ということを考えてみるのはよい頭の体操になると思う。
    続きを読む

    投稿日:2021.05.18

  • プーさん

    プーさん

    MaaSの事(Whimの事くらいかな?)しか知らなかったので、面白かった。やはり、X as a Serviceの中心はMobilityではないか。特に地方都市の交通の活性化に期待したい。また、ラスト1マイルの交通のひとつとして電動キックボードは面白い。解決しなければならない課題はあるにせよ規制緩和して欲しい。続きを読む

    投稿日:2021.04.26

  • calro28287

    calro28287

    メインは、MaaSだけど、モビリティーの変化によって社会がどのように変化していくのか具体的な企業の事例が豊富でわかりやすく、初心者でもわかりやすい。IoT化、クラウド化、サブスクリプション、オープンデータなど複雑な要素をMaaSの例でまとめて説明してくれるのはありがたい。続きを読む

    投稿日:2021.01.24

  • masahiro884

    masahiro884

    前半3章はコロナ禍を経たMaaSの今、後半2章は様々なXaaSの紹介。そもそも「あらゆるモノがインターネット経由でサービスとして提供される」とはどういう状態なのか?やサブスクリプションモデルとの親和性といった点はそこまで体系的に語られておらず、自分としては少し期待していた内容とは違っていたかな…あと、やはり日本におけるモノのサブスクを語る上ではヤフオクやメルカリにも言及しないと片手落ち感はあるなと。続きを読む

    投稿日:2021.01.17

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。