破壊戦 新冷戦時代の秘密工作

古川英治 / 角川新書
(4件のレビュー)

総合評価:

平均 4.3
2
1
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • うみ

    うみ

    国内外を問わない暗殺、買収からサイバー戦、プロパガンダまでやるロシアの手法だが、ロシア自体の行き着く先は中国のジュニアパートナーなのか?

    そして、それらの手法は中国の超限戦とも重なる。

    投稿日:2021.05.03

  • mtkwsk

    mtkwsk

    ベテラン新聞記者によるロシア第五列取材の記録といえば良いだろうか。
    第五列とは古色蒼然だが、適切な言葉を思いつかない。要するに暗殺・資金洗浄と運用・プロパガンダ・サイバー戦など、著者が長年取材してきたロシアの事案を紹介している。
    ロシアだけなら正面装備でもはや米国に太刀打ちできないが故の悪あがきで済むかもしれないが、最後の章にあるように人民中国が学んで使ってくるとなると話が違ってくる。
    世界情勢や地政学的興味のある向きにはお勧めする。
    続きを読む

    投稿日:2021.04.03

  • ちょっかん

    ちょっかん

    日経新聞記者によるロシアが実施するハイブリッド戦を自身の取材を踏まえて解説した本。ロシアが暗殺、デマ拡散、ハッカー攻撃を実施していることは知識として知っていたものの、この攻撃によって被害を受けた人々の話はとても心にくるものがあった。

    本書を読んで、ロシアが実施するハイブリッド戦はまさに使用できる手段をすべて駆使して対象国の脆弱性を攻撃する戦術であることがわかる。フィンランドへの移民を通した圧力、イギリスでの資金洗浄、カネを用いた仲間の形成についてはよく知らなかったので、とても参考になった。

    ロシアの言説には、若干納得のいくような話も多く、中立的であろうとしてロシアの行動を批判しないということこそがロシアの術中にハマっていることを認識した。
    続きを読む

    投稿日:2021.03.12

  • ohsui

    ohsui

    ロシアのインテリジェンスに関して、興味深い切り口でした。著者の方は反トランプでロシアゲートありきな感じですが、、ここ最近のあまりに雑な中国共産党のやり口にメン食らってる感じもみて取れました。今後、同じスタンスで中国共産党に切り込めるかどうか、が試金石ですかね。。続きを読む

    投稿日:2021.01.02

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。