新任警視

古野まほろ / 新潮社
(9件のレビュー)

総合評価:

平均 4.1
3
3
2
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • shinpapa

    shinpapa

    103まほろ氏の中で一番面白かった。長いけど仕事サボって続きを読みたい作品は久しぶり。伏線も仲間の描写も納得だし、やっぱり悪い奴が勝つより思いのある方が勝つのがいいね。楽しいお話でした♪

    投稿日:2021.08.20

  • kattebooks

    kattebooks

    この著者の“新任”シリーズに共通しているのは、①新任の警察官であること、②愛予県警察と言う架空の県警本部が舞台であること、の二つだけで、最初の“巡査”は地域、次の“刑事”は文字通り刑事、そして、この“警視”は警備(公安)と、警察組織の中での組織も異なっています。

    あ、よく考えたら、最初の“巡査”とこの“警視”は階級だけど、二つ目の“刑事”だけ階級じゃないな。『新任〇〇』と4文字に収めるため?

    面白いです。上で「共通項は二つ」とか書きましたが、もう一つ共通項がありました。最後の最後で、どんでん返しが起きるという。この作品も、残りページ数が気になり始めた頃、事件は解決に向けて大きく動きます。ほんとう、大どんでん返し。

    この著者の、この“新任”シリーズでは、最後に大どんでん返しが起きるという事は既に知っていたので、「あ、これは伏線だな」と思いながら読み進めたんですが、いつくかのカラクリは予想通りでしたが、一つ大きな事には気づきませんでしたね。言われてみれば、と言うやつですが。

    “刑事”では、主人公は巡査長で、階級としては巡査だったのですが、巡査・巡査長ときて、いきなり警視。階級は上に向かうように書いているようですから、次は警視正いじょうしかないんですが、そんなに上になると、事件では指揮官としてくらいしかからんできませんからねぇ。続きはあるんでしょうかね?
    続きを読む

    投稿日:2021.07.15

  • reso100

    reso100

    p637のボリュームだったが非常に楽しめた.前半はキャリア警察官僚の司馬達の地方への凱旋の話だが、赴任時点で前任者の謎の死去があり、読者の気をそそるスタートだ.カルト集団MNの総本部がある県での司馬の活動は、信頼のおける地元の連中以外に当該組織に被れた警察官僚も存在も無視できない状況であり、司馬の推理もやや鈍った感じもあった.公安に纏わる隠語が多発することでストーリー自体の面白味が倍増したが、P548からの澤野警備部長との一升瓶での探り合い、更に彦里嬢の振る舞いなど非常に楽しめた.全体としてはやはり本栖充香の存在がハイライトだと感じた.続きを読む

    投稿日:2021.07.13

  • kitano

    kitano

    このレビューはネタバレを含みます

    ★5つ
    警察組織のアレコレもふんだんに盛り込み、魅力的なキャラ増産し、対立構造を箱根細工のように組み立て、エンタメに徹したストーリーに、緻密な構成でラストまで描く

    読むしかないよね(´・ω・`)

    (オニキスの時から警察組織に詳しいと思っていた)

    レビューの続きを読む

    投稿日:2021.03.24

  • hon1hon2hon3

    hon1hon2hon3

    面白かった。キャリアの生態や組織内政治とかも興味深い。。
    時折冗長だったり、発言者が違うのに事象表現が同じだったりが若干残念だったが、ラストも良かったし、大長編だけど、飽きさせない面白さだった。

    投稿日:2020.10.15

  • ao-neko

    ao-neko

    25歳で愛予県の警察本部公安課長に任命された警察キャリアの司馬。赴任直前に警察内部で起こった毒殺事件はカルト教団による犯行なのか。読み応え重量級の公安警察ミステリ。
    普通にミステリ、という頭で読むと、いかにもお役所な警察内部のあれこれを描いた部分がかなり多くて、事件はまだか、ってなってしまいます。メインは公安警察小説といった印象でした。いろいろと大変なんだなキャリアも……。
    一方ミステリ部分はといえば。毒殺事件はいたってシンプルな状況に思えるものの、「キューピッド」とか「中華鍋」とか謎の言葉の意味が分からん……いったい何なのこれ、って思ってたら。6章からの展開にひっくり返りました。なんじゃそれ、凄まじすぎ! そしてミステリのロジックとして犯人を指摘する手掛かりが、実はそこここに緻密に仕込まれていたことにも愕然。
    続きを読む

    投稿日:2020.08.27

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。