トランスヒューマンガンマ線バースト童話集

三方 行成 / ハヤカワ文庫JA
(6件のレビュー)

総合評価:

平均 3.7
0
4
2
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 魚雷屋の読書録

    魚雷屋の読書録

     単行本が出た時から気になっていた。 #日本SF読者クラブ キーワードは「トランスヒューマン」と「ガンマー線バースト」。これだけでもうSFだ。そしてシンデレラや竹取物語といった童話や昔話と融合させている。面白おかしてたまらない短編集。続きを読む

    投稿日:2021.02.02

  • REM

    REM

    2021-01-22
    大野さんの激賞もなるほどと思える、思いっきりトンがっていながらもどこか優しい連作短編集。
    個人的には「モンティホールころりん」が好きかな? ラブストーリーに舵を切った作品でもあるし。続きを読む

    投稿日:2021.01.22

  • hisakarei

    hisakarei

    2016年5〜8月カクヨムに掲載された6つの連作短編が、第6回ハヤカワSFコンテスト優秀賞を受賞し、2018年11月早川書房からデビュー作として刊行。2020年11月ハヤカワJA文庫化。タイトルのインパクトに惹かれて読みました。トランスヒューマン系生物達のガンマ線バースト前後の出来事を童話仕立てで語った、地球灰かぶり姫、竹取戦記、スノーホワイト/ホワイトアウト、〈サルベージャ〉VS甲殻機動隊、モンティ・ホールころりん、アリとキリギリス、の6編です。コンテストでは、評価が割れたそうですが、文句なしの傑作で、大賞あげても良かったと思います。SFガジェットと語り口の融和が奇蹟のように見事で、緻密な世界構築が楽しく、興味深いです。全編、面白く読みました。「アリとキリギリス」での物語世界の総括が嬉しいです。続きを読む

    投稿日:2021.01.13

  • naonyanko44

    naonyanko44

    なんだこれは…!
    大森望氏の(好意的な)コメントがついていたので期待したのですが、思ってたんとかなり違う。
    解説に(本書は)「ある種オタク的な知識の共有を前提としている」とある通り、すごい狭いとこの内輪うけ狙ってる感がすごい。ハードSFと言いながらフワっとしてて、概念やロジックの難しいところは古典SFに丸投げで、読者には物理学の知識じゃなく読書教養を期待してるなんて、SFじゃなくて、SFジャンルの二次創作なんだと思う。
    20年後くらいにこの作品が日本SFのシンギュラリティみたいに言われてるんちゃいますかね。
    続きを読む

    投稿日:2020.12.28

  • kaz-yoneyama

    kaz-yoneyama

    前半3編は面白かった。
    オリジナルに沿っているといえば言えるし。
    最後の落ちは普通。
    そうでなければ成り立たないからこれはしょうがない。

    投稿日:2020.12.13

  • mui-mui

    mui-mui

    面白かった。題材は童話なんだけど、よくぞここまトランヒューマンな世界観に当てはめていると思う。あらすじを読んでクスっと笑える人は、間違いなく楽しめると思う。

    投稿日:2020.11.22

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。