プロパガンダ戦争 分断される世界とメディア

内藤正典 / 集英社新書
(7件のレビュー)

総合評価:

平均 4.8
4
1
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 國學院大學

    國學院大學

    國學院大學「大学生にこそ読んで欲しい」おすすめ本アンケートより。

    ※國學院大學図書館
     https://opac.kokugakuin.ac.jp/webopac/BB01872488

    投稿日:2022.01.14

  • Kanako Minaki

    Kanako Minaki

    メディアの情報がいかに政府のプロパカンダや見解を垂れ流してきたかを痛感。


    現場の声を聞き、その地域の歴史を学んで記事を書いても、本社の都合で角が取りれたニュースになってしまう。

    メディアリテラシーの持ち方に加えて、中東情勢とそれに絡む欧米露の外交政策も勉強になった。


    欧米、イスラーム世界など、文化圏が異なれば情報の捉え方も違う。
    その点で、カタールの国際メディア、アルジャジーラのニュースは定期的にチェックしたい。

    続きを読む

    投稿日:2021.02.23

  • gakudaiprof

    gakudaiprof

    日本ではなかなか得られない世界情報を、それぞれの相手国がどのように操作して、有利に組み立てているかを実例をもとに説明していた。
     最後はコロナの話であるが、何かの卒論のアイディアにはなるであろう。

    投稿日:2021.02.03

  • aikow

    aikow

    著者は中東でイスラム研究をしながら取材もしている大学教授。この本のメインテーマはプロパガンダなのだが、アラブ市民の民主活動の仕方など現地でじっくり観察している著者ならではの分析が興味深い。
    「民族によい民族、悪い民族などない」「メディアは白黒つけたがる」
    ニュージーランド政府は普段から移民に対しても平等に処遇することを表明してきたので、移民を狙ったテロ事件でアーダーン首相が「テロリストの名前を二度と口にしない。男がテロによって手に入れようとしていたものの一つが悪名。だからこそ私は口にしない。テロリストは無名のまま終わる。みなさんには犠牲者の名前を忘れないでほしい」
    国営放送と公共放送は違う。国営放送は国が資金を出すので政府のプロパガンダが柱になるが、公共放送は全ての市民から視聴料を徴収するので政府のプロパガンダはしない。
    ヨーロッパの難民問題、トルコでは「恥を知れ、世界」と報じられた。トルコはギリシャやイタリア、ハンガリーが難民排斥する中、360万人ものシリア人を難民として受け入れている。
    バグダディー暗殺に際し、トランプとエルドアンと筆者の推測ではロシア、イラクが水面下で交渉したのが驚き。
    2019年にサウジアラビアで開催されたアニメエキスポを日本メディアは無邪気に報じたが、2015年から2018年までイエメンでは7500人の子供がサウジアラビアとUAEの空爆によって命を落としている。ジャーナリスト殺害などの野蛮性の裏で女性ドライバーの解禁するなどと同様、アニメエキスポもサウジアラビアのプロパガンダであることを見破るべきだった。
    続きを読む

    投稿日:2021.01.30

  • kiwi

    kiwi

    報道機関が本当に「公平中立」なら、被害者だけでなく加害者の言い分も報道しなければならないだろう。泥棒の言い分は聞いてもしょうがないし、報道せんとはけしからん、とは思わないけれど、ことが国際問題となると話が違う。例えば宗教からみ、例えば難民問題。立場が違えば主張も違う。本来なら両方の言い分を聴くべきところが、当事国の報道機関が相手に与することはない。日本だって国際社会の中で特定の立場をもっているわけだから、報道も偏って不思議はない。となると、著者の言うように外国語の報道を調べて、自分でバランスをとるしかないのかもしれないが、それは素人にはなかなかしんどい。
    少なくとも、当事者の言い分を鵜呑みにしないようにしようと思った。特に「○○はテロリストだ」という主張には気をつけよう。そこから始まる人道危機が、世界中で進行中だ。
    しかしまあ、実際問題として何を信じたらいいものやら。SNSもデマの宝庫だし、トランプみたいのが出てくるとデマよりたち悪い。
    続きを読む

    投稿日:2021.01.11

  • izusaku

    izusaku

    このレビューはネタバレを含みます

     メディアが流す情報、為政者等からの偏った情報の垂れ流しなのかそれとも現地をしっかり取材した上で誰の立場で語られた情報なのか、心して受け止めよ、という強いメッセージを感じる一冊だ。
     巷にあふれている情報をどのように拾い取るかは自分次第ということだ。ただ、「どのように拾い取るか」というところにも自分のフィルターが働くし、すでに情報に操作されたフィルターなのかもしれない。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2020.12.09

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。