恋愛式が解けないそのワケ

須坂紫那 / ダリアコミックスe
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
0
2
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • aries

    aries

    初読み作家さん。絵が好き。

    会社が倒錯、彼から別れを告げられ、住んでる部屋も出ることになって田舎に帰郷したらゲイバーでいきなり好みな男に誘われて着いて行ったら高校生で、しかも後日判明したのは同級生で片思いしていた男の子供だった!
    17歳の歳の差!
    でもあり得る感じで違和感なく読めました。
    ちょろい受けと思わないでもないけど、今後の二人も読んでみたい。
    続きを読む

    投稿日:2021.04.30

  • komopy

    komopy

    このレビューはネタバレを含みます

    キャラのビジュアルがとても好みのセンセ。
    ものすごい年齢差の年下攻めだけど、攻はもちろん受の35歳のビジュアルもなかなかよかったです。

    働いていた会社が倒産して恋人からも別れを告げられ、失意のうちに実家に帰省したゲイの行真が、初恋の男のそれも18歳も年下の息子から猛アタックをされてしまう…というお話です。
    二人の出会いのシーンでの颯があまりにもクールでカッコよくて、まさかそんな年下だとは思いませんでした。
    でも実は中身は青い高校生のまんまで、そこがすごいギャップ萌え。見た目と違って、Hのあれこれにも不慣れな一面にキュンとさせられ、一途でワンコなところにもキュンキュンさせられ…

    行真が颯にぶんぶん振り回されてしまう姿が面白かったです。そりゃ初恋の相手である秋生の息子とか、考えるだけでも大事件。そんな行真が、困惑しながらも颯からの真っ直ぐな想いをぶつけられて少しづつ受け入れていく、気持ちの変化が丁寧に描かれていてとてもよかったです。こういうの大事ですよね。
    行真が上京して進学したのは秋生への想いを絶つためだったんですね…でも、何であれまた戻ってきたのは正解でしたよね。田舎が嫌になって出ていったわけじゃないし、周囲の人たちも皆あたたかいです。行真が講師をしている塾からもそういう雰囲気が伝わってきて、読んでいてほのぼのしちゃいました。
    田舎あるあるエピソードがいっぱいあって、そこも面白かったです。

    エロ的にもほのぼの~(笑)最初の設定では攻受逆だったらしいけど、颯×行真で正解だったんじゃないかと思います。田舎に戻ってきて、昔好きだった秋生と再会して恋人同士になるお約束の展開じゃなく、その息子と…という意外性がいいですよね。

    描き下ろしでは、キス(それも颯が下手)までだった二人がHまでたどり着きます!田舎のラブホネタが爆笑でした~!
    ぐるぐるしすぎて大人の余裕を見せられない行真と、案の定無駄に顔が良いのにド下手な颯…!
    だけど、若い子の成長は早かったらしく…
    萌えつつも笑いが止まりませんでした。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2020.11.07

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。