超・達成思考

青木仁志 / アチーブメント出版
(5件のレビュー)

総合評価:

平均 3.8
0
3
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 木林霞

    木林霞

    読んでみた感想3点
    ・目標を立てるときは具体的な数字で表す
    ・目標と行動を考える
    ・目先の目標から慣れてきたら1ヶ月、1年後と伸ばしていく

    投稿日:2020.06.03

  • 安部 優香

    安部 優香

    全ては自己管理。
    私自信が、私の周りのみんなが成功するためには私が成功しなければならない、私が幸せにならなければいけない。
    そのために私は今何ができて何をすべきなのか。
    改めて考えるきっかけになった。
    周りの状況、予想していたことが全てひっくり返った今だからこそチャンスに変えて。
    続きを読む

    投稿日:2020.05.06

  • NAMI

    NAMI

    1.最近、サボり気味の自分を正すために購入

    2.思考を現実にする力を達成力と定義し、それを実行するためには、自分にとっての成果を決める。次に、それを達成するための過程を決めていくこと。長期と短期の両方を設定し、忠実にこなしていくことが大切です。
    しかし、その中で、人間には5大欲求があり、それぞれが自分を邪魔してくることがあります。それらをコントロールするためにはどうしたらいいのか、そのようなことが書いてあります。

    3.特に目新しいものはなかったですが、考え方によって人生は変わるというのは同感です。ただ、考え方だけでなく、行動も変えていかなくてはいけません。具体的な過程と成果を決めて進むこと、これがないと軸がぶれるので、結局失敗してしまうというのは、自分の生活と照らし合わせるとまさにその通りだと思いました。
    続きを読む

    投稿日:2020.01.18

  • Yuma Senba

    Yuma Senba

    このレビューはネタバレを含みます

    『超・達成思考』要約

    能力開発トレーナーとして40万人以上に「成功哲学」を指導してきた青木仁志氏が著者である本書では、
    選択を変えることによって、自分の夢や願望を実現する目標達成する方法をたくさん提案していきます。

    本書によると、
    思い描いたことを次々に実現させていく人とそうでない人の違いは、才能でも家柄でも運でもなく、「考え方」であるそうです。
    そんな「考え方」について、本書では一つ一つ丁寧に書かれています。
    その中でも、特に僕が大事だと感じた点をいくつか取り上げてまとめさせていただきます。

    ■燃えるような願望
    本書では、「達成力」を思考を現実化させる力と定義しています。
    だからこそ、まずは、なんとしてもそれを達成したいという燃えるような願望を明確にすることが、達成のスタートラインです。

    ■5つの基本的欲求
    著者が社長を務めるアチーブメント 株式会社では、選択理論心理学に基づいた目標達成の技術を応用し、人材教育を行っているが、
    その選択理論心理学では、人間には遺伝子レベルで定められているその人ごとに強さの違う5つの基本的欲求があると考えられている。
    また、人生の目的とは幸せになることであり、「幸せ」とは、5つの基本的欲求が満たされている状態であると考えられている。
    よって、自らの願望を明確にする上で、5つの基本的欲求の強さ、効果的な満たし方を理解することが大切である。
    〈5つの基本的欲求詳細〉
    ・生存の欲求:健康や身の安全、長生きの願い、病気をしたくないといった身体に関する欲求
    ・家族・友人・会社などに所属し、愛し愛される人間関係を保ちたいという欲求
    ・力の欲求:何事かを成し遂げることにより、自分が価値あるものであることを確認したい欲求
    ・自由の欲求:束縛から離れ、自立したいという欲求
    ・楽しみの欲求:興味・関心・知的好奇心といったものに関する欲求

    ■価値観の肯定的変化
    人間は考える生き物です。考えるとは、事実ではなく解釈の世界です。
    解釈力を高めることが成果をあげる能力に繋がります。
    自分ではなく、相手中心となり、相手の望みをかなえることを自分の望みとするのが、超達成する人の心の持ちようだそうです。
    ただし、「相手のため」という気持ちが強くなり、自分が負けることで相手を勝たせるというLose-Winの関係性では本当の成功者になれない。
    WIn-WInの関係とすることが大切。
    その上で、自分が損する、相手は得をするといった損得勘定だけで動くのではなく、相手が何を求めているのか、そのために自分にできることは何かを考え、行動できる人が他人の力を借りることができ、結果として超達成力を身につけることができます。

    ■超達成する人の共通点
    ①まず「目指す成果は何か?」という定義を持っている。
    →願望の明確化(目的/目標を決める)
    ②何をすればその成果が手に入るのかという方法論を持っている。
    →自ら思考し、計画にまで落とし込むことが大切
    ③目標から目を逸らした時に、ゴールが遠く離れていくことを知っている。
    →「今していることは目標達成に役立っているか?」を自らに問い続ける習慣がある。
    ④何事も「何を、いつまでにするか」を明らかにしている。
    →未来から逆算し、具体的期限を決めることが必要。
    ⑤目標を達成可能な領域に設定する。
    →その目標が自分の願望から来ていて、自分の意思と能力でやり遂げることができるものかを見極めて、設定する。

    ■セルフカウンセリング
    自分中心ではなく、原理原則を中心に行動をするために行うセルフカウンセリングというものがあります。
    これを毎日行えば、「ああしたい」「こうしたい」と考えていることと、日々の行動とのブレ幅がなくなっていきます。
    主語を変えて考えると、その人の視点に立つこともできる。

    ①私は何を求めているのか?
    ②そのために「今」何をしているか?
    ③その行動は私の求めているものを手に入れるのに効果的か?
    ④もっと良い方法を考え出し、実行に写してみよう

    ■口癖
    成功者は誠意を示す言葉、他人の労をねぎらう言葉を口癖にしています。
    人生はその人の言葉で作られている。肯定的な言葉を使いましょう。
    なぜなら、意思決定の源は価値観だからです。価値観が信念になり、新年が行動を生み出し、行動が人生を決定します。



    【感想】
    「人はいつからでもどこまででも良くなれる」
    これはアチーブメント 株式会社の青木社長が大切にされている言葉ですが、『超・達成思考』を読んで、この言葉をより深く理解できました。
    思い描いたことを次々に実現させていく人とそうでない人の考え方の違いは明確に存在する。
    しかし、それは、この考え方を知っているか知らないかの違いが大きいのではないだろうか。
    有益な情報を知らないばかりに、人生を棒に降ってしまうような、人がいることは本当に悲しいことだと思う。
    だからこそ、この情報をより多くの人に届けたいし、
    「一人一人が自分なりの生きる意味を持ち、心の底から笑顔で暮らせる社会」の実現に貢献したいと改めて思った。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2020.01.14

  • 外山 岬

    外山 岬

    アチーブメントでの学びを総ざらいし人に教えようと思って読みました。
    学んだことを確認しながら、この話はこういう例があったなって思い返しながら読んだことで、人に教えるイメージがついたので良かった。
    絵も多く、すぐ読める!続きを読む

    投稿日:2020.01.13

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。