天皇の国史

竹田恒泰 / PHP研究所
(9件のレビュー)

総合評価:

平均 4.3
3
4
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 1480734番目の読書家

    1480734番目の読書家

    おもろい。けど内容はYouTubeの竹田学校で話してることとまあ一緒。なんならYouTubeの方が詳細やしそっちだけでいいっちゃいい。

    投稿日:2021.08.11

  • Penguing

    Penguing

    歴代の天皇陛下を話の主軸として,自分たちの国の過去の歴史を興奮しながら紐解くという本書の趣旨通りに,最後まで本書を読み終えることができたように思います。

    話の流れの中で一貫して,著者である竹田先生が指摘していたのは,この日本という国が「万世一系の天皇の治す(しらす)ところである」というポイントでした。

    また,天皇陛下は,国民の安寧を常に祈り続けてくださっているということも,しっかりと理解できたと思います。治すとは「知らす」ことであり,陛下が国民のことを常に知る努力をなさってくださっていることが,国民のことを思って神に祈りをささげてくださっているのだということです。納得でした。

    この流れを見ても,天皇陛下=神という図式は成り立たないのが分かります。神そのものであれば,神に対して祈ることはないですからね。言葉に語弊があるかもしれませんが,まさに神社の神主のような存在なのではないかと思います。だからこそ,国民は陛下を中心とした皇族を,いつでも大切に思っているのだと思います。

    私たち日本人が日本人であるということは,日本という土地にただ生まれたという地政学的な理由だけではないようです。過去2000年の歴史にわたって,常に皇族の方々が国民の平和を祈り,そして私たちのことを常にお知りになるよう努力してくださっていたからこそ,私たちは日本人でありつづけているのだということが本書を通して理解できたように思います。非常に勉強になり,興奮しつつ楽しむことができました
    続きを読む

    投稿日:2021.06.07

  • 佐賀大学附属図書館(本館)

    佐賀大学附属図書館(本館)

    佐賀大学附属図書館OPACはこちら↓
    https://opac.lib.saga-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BC0197840X?caller=xc-search続きを読む

    投稿日:2021.03.12

  • kun92

    kun92

    日本の成り立ちから、天皇を軸に現在に至る歴史を語る。

    遺伝子情報まで論じて日本人のルーツを述べ出したのには驚いたし、正直、裏取る気もないのでここ、あまりデータ並べなくても良かった気はする。

    ここかしこに、ふざけんな半島の方々な感じが漂っていて面白い。

    日本は、天皇が知らすからこそ、日本であり、日本人たり得るのである。

    ここをないがしろにして、歴史も未来も、もちろん現在もない。
    続きを読む

    投稿日:2021.01.24

  • hori2221

    hori2221

    力作。
    竹田恒泰さんが作家であることを認識。天皇研究者といっても良いくらいに詳しい。
    天皇視点で日本の歴史を辿る。天皇と日本は切り離せないことがよく分かる。歴史の解釈も人によって異なることも。
    西洋の思想にとらわれず、日本人は世界に誇ってよいと思った。続きを読む

    投稿日:2021.01.23

  • みかみ

    みかみ

    先史から令和までの天皇を軸にした日本史の通史。天皇を中心に据えた非常にボリュームのある網羅的な「国史」は他の例をみない唯一無二の著書。特に他の歴史本にはほとんど記述のない古事記や日本書紀についての詳細な分析は非常に示唆に富む。他方古代の比重があまりに重く(平安時代までで全体のほぼ半分)、江戸や明治がそれぞれ50p足らずと、近現代史にも関心のある読者にはやや物足りない内容。続きを読む

    投稿日:2021.01.01

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。