「無理」の構造 この世の理不尽さを可視化する

細谷功 / ボイジャー
(23件のレビュー)

総合評価:

平均 3.9
5
10
2
3
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • みどり

    みどり

    読み物として、まあそういう言い方もできるかな、という小話のまとめではあるが、根拠や論拠がなく決め付けに近い。
    この世の理不尽さを可視化すると言っているがちょっと絵が多いだけで普通。
    表紙や帯のあおりから考えるとちょっと期待外れ。続きを読む

    投稿日:2021.07.10

  • あばぱ

    あばぱ

    何かの解決を求める人には参考にならないかもしれないが、コミュニケーショにおける違和感の理由がわかった。

    投稿日:2021.04.23

  • まみ

    まみ

    理不尽は世の中にあるんじゃなくて自分の中にある。
    本書に出てくる非対称性を知ることで、自分が環境のせいにして変わろうとしていないだけなんじゃないかと気付かされた。
    だからこそコミュニケーションや教育が大事なんだっていうことにも納得。
    とても勉強になりました。
    続きを読む

    投稿日:2020.08.23

  • JIUKO

    JIUKO

    世の中(自分の脳内)がつくり出す理不尽の構造を、分かりやすく噛み砕いた文章とイラストで解説してくれている。

    全体を通して抽象的な内容なので、具体的にこれをすれば良い等の事例は少ない。

    個人的には、「何をやらないか」を判断するための指標を、いくつかもらえたように思う。続きを読む

    投稿日:2020.08.11

  • booklets

    booklets

    対称対等として扱うから噛み合わない、という話。
    個別の案件に関しては意識していたけれど、こうまとめると、色々な構造がこの説明で上手く行くんだな、と感心した。

    投稿日:2020.08.05

  • ぜんまる

    ぜんまる

    対称に感じていたものが非対称であることが分かりやすく書かれている。相手が自発的な気持ちにならなくては、こちらの言い分は伝わらない。そこで諦めてしまうのではなく、いかにしてこちらの方が楽しいかを伝えるのが大切。続きを読む

    投稿日:2020.07.08

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。