果ての荒野でバカンスを【電子限定かきおろし付】

赤河左岸 / ビーボーイコミックスDX
(4件のレビュー)

総合評価:

平均 4.3
1
3
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • ちびねこ

    ちびねこ

    このレビューはネタバレを含みます

    わー、今までにない個性的なストーリーでたいへん“読ませる”力のある作家さんが現れました。どんでん返しが面白い。是非とも前知識なしで読まれることをおすすめいたします。

    といいつつレビューかきこする。



    最初のお話は、森のなかで暮らす少年と青年。青年と“誰か”がセックスする夢を度々みてしまう少年。その誰かはうすうす気付いてはいたんだけど、どのような仕組みになっているかは謎だったので、クライマックスまでの盛り上げかたがお上手でした。

    次のお話は、顔が美しすぎてトラウマ&コンプレックス持ちの高校生と、他人に興味のない生物オタ?の同級生のお話。よくある美人過ぎて悩む話はゼータクな奴やのぅと鼻白んでしまうんだけど、特に親からの愛情も疑ってしまう心理が何故か共感できてしまえる不思議。

    そして、表題!これはもう設定も凝っているし、スペクタクルでどう感想をいうべきか…。読んだあと余韻が残るような話。とにかく良かった。映画『オデッセイ』のような環境にいる人のお話でした。(環境だけね)

    個人的に好みのタッチの絵じゃなかったので気持ち★減らしました…いえ、大多数の腐女史は好まれる絵だと思います。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2020.10.09

  • 青柳稟

    青柳稟

    このレビューはネタバレを含みます

    アニメイトブックにて読了。
    表題作は、地球外への移住先を準備するために単身赴任中の惑星開拓者×愛した人の姿を成せるサポートAI。
    同時収録は『ふたりぼっちのエバーアフター』繰り返す輪廻の人の子×森の魔物、『蛙の王子様』気味悪がられている隣の席の同級生×綺麗な顔がコンプレックスの高校生。

    それぞれ雰囲気が違うものの『物語』がテーマのような、短編三作品。
    表題作は世界観にマッチしたすっきりとしたタッチと見せ方で電子画面でも割りと良かったのですが、『ふたりぼっちの~』に関しては緻密さもあり、もしかして紙のが話の空気を感じやすいのかな、と思いました。
    個人的には表題作が一番好きです。購入前はあらすじから、三角関係ってことか? と思っていましたが、読み終えてみたら三作品とも二人きりの世界を切り取ったような話ですね。多分。(所感)
    電子特典は表題作CPで、肌と赴任前の二人の仲。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2020.09.18

  • ぎょうざ

    ぎょうざ

    このレビューはネタバレを含みます

    3作読み切り集。
    1作目は人間と獣の異種恋愛譚、2作目は個性に悩む学生たちの恋愛。3作目は表題作であり近未来の宇宙にて単身赴任をする話。

    表題作『果ての荒野でバカンスを』は圧倒的世界観に加えお互い恋人未満にも関わらずお互いが離別後も荒れた惑星で想い合うシーンが素敵。魂で想い合う2人が美しくとても切ない作品。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2020.07.25

  • koma

    koma

    表紙も素敵だけど、短編の収録順も良かった!
    最初の人外モノは王道、次の蛙の王子様は美しい容姿がコンプレックスの話、そして表題の作品は近未来の話なのだけどこれがもう泣けます

    投稿日:2020.07.19

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。