文豪春秋

ドリヤス工場 / 文春e-book
(7件のレビュー)

総合評価:

平均 3.4
0
2
3
0
0
  • 漫画というより文章

    文春でもお勧めしていたので購入しました。掲載されている文豪のエピソードはとても面白かったけど、一緒に購入した文豪どうかしてる逸話集の方が好きでした。
    漫画は好きだけど、この本はコメントが多いので読み込まないといけないません。
    となると、文章と文章に合ったイラストのある『文豪どうかしてる逸話集』の方が私には合っていました。
    続きを読む

    投稿日:2020.08.21

ブクログレビュー

"powered by"

  • K

    K

    当たり前だけど文字量が多い。

    一気に読んでしまったけど、本来は一章読んだらしばらくその作家の著作を読んでみる、という楽しみかたをすべきだったな。

    投稿日:2021.02.21

  • maya

    maya

    「文豪」と「人物伝」つながり。
    内容:教科書に載るような文豪たちも、実生活ではワイドショー顔負けの様々な事件を起こしていた。それらを文藝春秋創業者・菊池寛がこっそり教える漫画版文壇事件簿。

    投稿日:2021.01.15

  • jube

    jube

    面白かった。菊池寛が創立した文X春秋に勤める社員が、社内のあらゆるところに置かれている菊池寛の銅像や絵画、レリーフなどに、当時の文豪たちの小ネタを教えてもらう、という内容。よく知られたゴシップばかりではあるが、抽出ポイントがとても良いのと、うまくまとまっている上に、社員キャラが良い感じのヌケ感があってよい。久しぶりに藤村の新生を読みたくなった。水木スタイルの絵が、どんな鬱な内容もドラグされずに読ませてくれるところが良いと思う。続きを読む

    投稿日:2020.12.17

  • hazel8483

    hazel8483

    文藝春秋の若手社員に
    創始者の銅像(とか肖像画)が
    語りかける設定でまとめた
    近代作家名鑑…か?

    大人の学習漫画みたい。
    日本文学を勉強する副読本に。

    投稿日:2020.12.15

  • 文藝春秋公式

    文藝春秋公式

    【又吉直樹氏絶賛! 漫画版文壇事件簿】夏目漱石、太宰治、中原中也、川端康成……文豪たちの、教科書には載らない人間臭い素顔を、文藝春秋創業者・菊池寛が教える。

    投稿日:2020.08.05

  • ミライ

    ミライ

    太宰治、芥川龍之介、夏目漱石、与謝野晶子などなど、様々な文豪の秘話や面白エピソードを紹介した漫画(著者は「有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。」のドリヤス工場さん)。とんでもない酒豪、借金しまくり、極端な潔癖症だったりと文豪面白エピソードがズラリと並ぶ。案内役は文藝春秋を創刊した菊池寛(の銅像時々絵画)と編集者の女性、この二人?の掛け合いも面白い。しかし、明治~昭和初期に活躍した文豪は破天荒でぶっ飛んだ人が多い、誰よりも人生楽しんだからこそああいった作品が書けたのだと実感した。続きを読む

    投稿日:2020.06.19

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。