世界一やさしい 米国株の教科書 1年生

はちどう / ソーテック社
(9件のレビュー)

総合評価:

平均 3.6
2
3
3
0
1

ブクログレビュー

"powered by"

  • arafunesan

    arafunesan

    このレビューはネタバレを含みます

    2021/05/19:読了
     米国株のETFやインデックスファンド、つみたてNISA、iDeCoの話が、かなり比重高く記載されている。
     初心者が、米国株やるんだったら、個別株で苦しむよりは、「eMAXIS Slim米国株式インデックスファンド」みたいなのが、現実的だと思う。
     そういうことがきちんと書いてあるので、この本は、良い本田と思う。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2021.05.21

  • ぷりちゃん

    ぷりちゃん

    良かったところ
    ・米国株をはじめて学ぶ人向けに読みやすくまとまっている
    ・具体的な銘柄やツールの記載があり実践しやすい
    ・断片的な知識のおさらいとしても読める

    アクションプラン
    ・チャートを読めるように勉強する
    ・米国の経済ニュースにアンテナを立てる
    ・ポートフォリオの分散を意識する
    続きを読む

    投稿日:2021.03.14

  • sawasawa32

    sawasawa32

    個人的な話が多いことと、目次と内容が異なっている点など読みにくい。
    最後のほうにある投資に役立つ情報源一覧は◯

    投稿日:2021.02.14

  • nabehiro

    nabehiro

    そもそも株、投資とは?
    という観点から説明があり分かりやすい。

    ・米国株がおすすめな理由
    ・アーリーリタイアするための投資スタイル
    ・インデックス投資とは
    ・積み立て、長期投資について
    ・投資信託とETF
    ・米国株の買い方

    配当金、分配金で生活するためには、
    資産配分を分散させて個別銘柄にも手を出していかなければいけないと感じた。

    投資信託やETFは、安定する確率は上がるものの、
    その分分配金の利回りは低い。

    個別戦略を考えるためというよりは、
    用語や仕組み自体を理解するのに役立ちました。
    続きを読む

    投稿日:2021.01.25

  • いっくん

    いっくん

    どちらかというと中級者向きの内容で
    ここに書かれていることが網羅できていれば
    一通りの前提は理解できているということなのかも...

    投資歴1年でたまにしか勉強しない私には
    少し難しい内容だったが
    っておいて損なし。
    わからないことがあったときに戻ればよし。

    コロナショック後が描かれているので
    情報が古すぎるという心配もなし。
    続きを読む

    投稿日:2020.12.08

  • むー

    むー

    基礎から株式の全体像を網羅している。

    ・家計支出はマネーフォワードMEで管理

    ・イールドカーブの長短逆転は不況の前兆

    ・証券会社の米国株の手数料比較

    ・配当への二重課税を取り戻す

    ・セクター毎の景気循環における業績続きを読む

    投稿日:2020.09.15

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。