日本人とインド人――世界市場「最後の成長エンジン」の真実

グルチャラン・ダス, 野地秩嘉 / プレジデント社
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 4.5
1
1
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • Manide

    Manide

    ①この本を選んだ目的 

    何かの本の中でおすすめ書籍として取り上げられていたため。

     
    ②あらすじ

    2020年の今のインドについて、説明している。
    筆者が日本のことを知っており、日本との比較が随所にでてくるため、読みやすい内容となっている。


    ③感想

    インドのことを全く知らなかったので、参考になった。
    前回、アフターデジタルという本で、中国のことを読んで驚いたばかりだが、またまた、アドハーシステムに驚いた。


    ④今後、活かしていきたいこと

    アドハーシステムをもっと理解したい。
    そして、個人情報がどのように扱われるべきなのかを考えたい。
    続きを読む

    投稿日:2020.10.25

  • aquigoo

    aquigoo

    このレビューはネタバレを含みます

    カースト・ジャーティ、Rāmāyaṇa、プレームチャンド、TATA財閥史…からの二十年間の情報を
    アップデートした気分。

    日本のビジネスについても

    日本の女性は地位を望んでいるのではない、
    幹部をコントロールすることを望むように見える

    とか

    長く働いてもらおうと思うな、ノウハウを学んだら独立するのが優秀なインド人だ

    とか

    日本人はなぜインドではなくタイに投資をするのが好きなのだ?

    とか

    マルワリにはなかなかなれない
    我々日本人には耳の痛いお言葉が。

    ビジネスマンらしく文章もシンプルで
    読みやすいです。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2020.08.10

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。