異世界失格(1)

野田宏, 若松卓宏 / ビッグスピリッツ
(4件のレビュー)

総合評価:

平均 4.5
2
2
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • モズ

    モズ

    このレビューはネタバレを含みます

    某文豪が心中しようとしたら異世界に召還された話。

    『異世界当選トラック』って単語が妙にツボに入って笑った。異世界転移(転生)の原因はなぜかトラックとの衝突が多い、というお約束を盛大にディスってる……いやいや、リスペクトしてる(?)のが面白いです。

    何の能力もなければ、世界を救う気概もない、チートじゃない主人公がいいです。ただひたすら心中がしたいだけで、アンニュイなのが売り(?)の某文豪先生。心中がしたい、という一心が何故か周囲を微妙に救っていくようなそうでもないような。力の抜けたマイペースっぷりを披露しつつ、信念のようなものをちゃんと持ってるバランスの良さが、この主人公の魅力なのかな、と思いました。私は好きです。

    この1巻では主要登場人物との出会い編って感じですが、2巻以降はもう少し話が動いていくのかな?期待してます。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2020.07.06

  • 東和瞬/翻訳者

    東和瞬/翻訳者

    文豪、「死」のお預けを喰らい、七十二年後でもない、いつかどこか知れないところで「余禄」をもらう。

    『人魚姫のごめんねごはん』で好評を博したコンビが同じく掲載WEB漫画誌「やわらかスピリッツ」にてお送りするファンタジー漫画です。
    死の間際にあった「とある文豪」を主人公に据え、彼をファンタジー世界に送り込んでしまったら――つまりは昨今の異世界転移/転生ジャンルと組み合わせたらどうなってしまうか? というなかなかに挑戦的な異色作です。

    こちらの主人公、おそらく大体の日本人が見た瞬間にその正体を察することが出来ると思うのですが、作中では「先生(センセー)」といった形で呼ばれるなど名前は伏せられているので言い逃れは比較的容易です。
    一方で、有名な写真も日本人の脳裏には焼き付いており、ある程度「アイコン」化されているので「キャラクター」としての「太宰治」を想起するのはけして難しくないでしょう。

    最後まで伏せるのか気にならないでもないですが、かの御仁、ある意味「織田信長」以上に便利な人物なのかもしれません。歴史のフリー素材というには没年が戦後まもなくと近すぎ、また名家の生まれということもあって高名な子孫の方もいらっしゃるなど、結構扱いに難儀する方ですが、魅力的であることも確かであり。

    ひとりで歴史を背負ってきた大人物というより、歴史に振り回されつつ我が道も行ったなかなかの人ということ。
    彼の不器用過ぎる生き様は我々小人の共感を誘いつつ、どこか受け入れられず小馬鹿にしてしまう――後ろ暗い気持ちを想起させる、単純なのか複雑なのか測りかねる人のようです。

    先の例を挙げれば、織田信長は主人公の受け入れ先の「舞台」そのものに位置づけされることが多いとして、太宰治は乗り込んでいく主人公が良く似合うのかもしれません。
    失礼な言い分を重ねますが、彼の人生そのものが卑近で通俗な「私小説」の体現と考えてしまえば、きっとそう。

    ちなみに、類似する先行作品としては『文豪とアルケミスト』、『文豪ストレイドッグス』等に登場する太宰が思い出されるかもしれませんが、そちらは実在人物の業績や逸話から抽出した要素をもとに再構成してキャラクター化されたという風情なので、近接してもジャンルとしては重なる感はありません。

    近年の作品としてはそのものズバリ太宰治が現代日本に転移してしまったという題材で書かれた佐藤友哉先生の『転生!太宰治 転生して、すみません』が存在します。
    他作品を引き合いに出すのは不躾なので先に謝罪させていただきますが、本作は偉人の擬人化(キャラクター化)と、現実と地続きの偉人のその後の二次創作(アフターストリー)の二案を折衷したように思えました。

    で、本作について論を移しますと。
    「トラックをトリガーにした転生/転移」、「降って湧いた力に溺れて身を持ち崩す転移者」、「善良なんだけど、意外と雑な王様」など、太宰こと「先生」が足を運ぶ異世界そのものはあるあるネタの塊です。
    どちらかといえば一時「小説家になろう」界隈などを席巻したものからはカウンター寄りの要素でしょうけどね。

    なんにせよその辺、あえて真新しさは省いているように思えました。
    どこかで見たことのあるRPG風のステータスウィンドウやシステムメッセージなどもギャグの小道具として使われており、主人公本人は非戦闘要員であることが強調されています。

    ファンタジーな街並みはもちろんモンスターも、ヒロインのバトルシーンも非常に安定した絵柄で時にダイナミックに描かれているのに、印象としてはどうにもこうにも主人公周りに集約されているのがどうも腑に落ちないのはなぜなんでしょう。

    それもきっと、主人公その人のキャラクターが濃すぎるからでしょうね。彼は命を拾ってしまった現況に甘んずることなく前向きに死を選ぼうとするそんな困った人な上、自分からはあまり能動的に動きません。
    実像はともかく教科書にも載っているパブリックイメージ「太宰治」は伊達ではないのかもしれませんね。

    有名な『走れメロス』ネタや『人間失格』ネタは元より、(歯が悪かったので好物の)豆腐を所望したり市販の毒薬をあっさり飲んでしまったりと、主人公のキャラクターについては雑に思えて史実から拾えるところは拾っているようで結構丁寧に思えました。

    半端に生き残り続けてしまった逸話から(ギャグ補正込みで)悪運の高さと、常に致命性のステータス異常にかかり続けている斬新すぎる特性、それと持前のダメっぷりから放っておけない女の子が代わりに戦ってくれる。
    ただし、本人は最初から死を受け入れているので後ろに引っ込んでいても、戦闘力皆無なのに前線に出ても、どっちでもツッコミは入りにくい。

    結果、いつ死んでもおかしくないのになぜか生き残り続けているという絶妙な筋書きが別の意味でまかり通っています。この辺に妙があります。一発で即死が見えるのに倒れちゃいけないところで粘ってくれるのは流石ですが。
    太宰が当時として長身の男性ということも踏まえてか、ヒロインと並ぶと妙な存在感を発揮し続けています。

    できる女から貢ぐ女へと華麗なる転身を遂げてしまった第一ヒロインの「アネット」さんの献身にしても元気娘系で妹分的な位置を早々に確立した「タマ(仮)」にしても、いい感じにフェチズムを押さえたデザインで読者の目を惹きつけているのに、本人のリアクションが薄いのが不思議な感覚を呼び起こす気がします。

    それでいて作家としての好奇心はしっかり息づいているので、異世界の風物に心動かされないこともないというバランス感覚は熟練の主人公としてのそれなのですから面白い。
    また、たとえ「死」であろうがなんだろうが自らの意志で選ぶことの意義を説いてくれる辺りに、何度も生死の境を往還した男の凄味を感じてしまいます。おそらく作品のテーマ、メッセージにもかかっているのでしょう。

    そして、本作は一巻でさっそく魔王打倒後の世界という王道崩しの展開をやってくれます。
    この主人公のことですから、絶対に普通の王道に乗っかることはできないと思っていましたが、展開が早い。

    そんなわけで二巻では「数打ちゃ当たる方式」で魔王を退治してくれる勇者候補を人格問わず呼び出している世界の問題点が浮き彫りにされます。
    太宰――じゃなかった主人公の「先生」の作家として、ひとつの人生を生きた男としての本領も発揮されますよ。
    続きを読む

    投稿日:2020.04.18

  • えぬ.*°

    えぬ.*°

    異世界転生モノと史実二次元化の融合したギャグ色強めの漫画。そして転生したのが「末期まで出来上がってる(どうやっても死にたい)太宰治」。
    斬新というかブッ飛んでる。不覚にも楽しんでしまったので、続きも期待。続きを読む

    投稿日:2020.04.15

  • methanovis2

    methanovis2

    おもしろかった。いわゆる異世界転生ものなんだけど、主人公がどう見ても心中した時の太宰治。
    何のスキルも無い最弱キャラで、目を離すとすぐ死のうとするくらい生きる意志も無く冒険者の適正がゼロ。
    なのにその人間味が周囲の人間を引き付け物語が動いていく、というコメディタッチの冒険譚。続きを読む

    投稿日:2020.04.11

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。