免疫力を高める「副交感神経」健康法

班目健夫 / 永岡書店
(4件のレビュー)

総合評価:

平均 3.7
0
2
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • u-don

    u-don

    読書 メモ

    とにかく体を冷やさない!
    湯たんぽを積極的に活用する。

    お腹、太ももの内側、お尻、二の腕。

    寝る時は、湯たんぽをふとんのお尻部分に入れ温め、ふとんに入ったら、お腹の上、ももの付け根、二の腕近くに置く。

    湯たんぽで温めた手のひらで顔をマッサージ

    爪揉み、足の爪も効果的。
    腸もみ 朝夜

    週に2日1時間の早寝
    続きを読む

    投稿日:2021.01.02

  • norihon

    norihon

    副交感神経の働きを改善することが健康に大事であり、そのためには湯たんぽで身体を温めることがとても有効であることを、分かりやすく書いてある。前者は知っている話も多いので、第4章の湯たんぽの活用を中心に読んでみてもよい。▼「温活」をしよう!▼自律神経のコントロールは人生のコントロール▼湯たんぽによる身体の温め方;1.お腹、2.太ももの前面、3.お尻、4.二の腕の順に温める。上記部位に吸収された熱で全身の血流が改善し、副交感神経が優位になる。座って上記の部位順に各部位を3~10分温めるとよい。▼ぐっすり眠れる湯たんぽの当て方;1.事前に布団のお尻の位置に湯たんぽを置いて温める。2.布団に入ったら湯たんぽをお腹の上に乗せて温める。3.太ももの上において温める。4.二の腕近くにおいて温める。※汗の出るまで温めないこと。乗せている部位がホンワカする程度に温まれば次の部位へ。続きを読む

    投稿日:2016.01.26

  • いちごジュニア

    いちごジュニア

    冷え、倦怠感、慢性疲労、鬱…
    自律神経の乱れが不調のもと
    最近低体温が続きこの冬はとうとう33度代に突入したが体調不良で病院に行っても「熱がないなら大丈夫、熱もないのに病院来る人がいるから混んでしまい本当に必要な人に迷惑だから熱なければ来ないで結構」と言われる事何度かあり
    自分でなんとかするしかないんだよね
    湯たんぽ、ドライヤー普段から自然と活用してた
    爪もみやちょっとした運動も取り入れて改善させたいな
    続きを読む

    投稿日:2015.04.18

  • なつみ

    なつみ

    体に良いモノ食べてるのにな…
    きちんとスキンケアしてるのにな…

    でも考えてみれば、

    睡眠不足だし、
    ストレスに弱いし。

    という女性におススメ。

    交感神経と副交感神経のバランスの保ち方や、
    それらがいかにカラダやココロに影響を及ぼすか、などを、
    基礎から学べる1冊です。
    続きを読む

    投稿日:2013.04.17

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。