紫式部ひとり語り

山本淳子 / 角川ソフィア文庫
(6件のレビュー)

総合評価:

平均 3.8
0
4
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • hemulen

    hemulen

    自伝風評伝
    紫式部の姿が浮かんできて興味深い。
    清少納言が機知や意志の人、紫式部はねちっこくてリアリスト。それも彰子の女房だったからか。枕草子や清少納言へのいらつきっぷりに、枕草子の力(「枕草子のたくらみ」)が感じられておもしろい。

    続きを読む

    投稿日:2021.01.27

  • NORIS

    NORIS

    2020.12.19市立図書館
    (長女の冬休みのお楽しみ用も兼ねて)
    『私が源氏物語を書いたわけ 紫式部ひとり語り』(2011年)を改題。「紫式部日記」「紫式部集(家集)」をはじめとした資料・研究成果に基づきつつ、紫式部本人が語るスタイルでかかれた自叙伝風評伝で読みやすい。「紫式部日記」はちゃんと読んだことがなかったけれど、もともとは一条天皇中宮彰子の出産時の記録を中宮に献上するために頼まれて書いたもの(日記文)に、いずれ宮仕えをすることになろうわが娘が困らぬようにその他の経験や本音の意見をまとめて書きとめたごく私的な消息文を加えた体裁らしい。経済的な理由でなかなか結婚ができないこと、出仕(後宮づとめ)にあたっての戸惑いや中宮に仕える女房の心得、今の言葉で言えば「推し」といってよさそな主(中宮)への心情など、千年を経た現代と大して変わりのない悩みや問題の顛末がくわしく語られていることがわかって(さまざまな文献を突き合わせてていねいに読み込むことでここまでわかるのか!とおどろかされる)、一気に紫式部という人が身近で親しみさえ感じられる人(←これはもちろん人によると思うけど、わたしや長女はその生まじめさに親近感をおぼえた)になり、今度はちゃんと読んでみたくなった。

    高3長女は2021年初読みとしてたのしく読了。
    清少納言をえがいた冲方丁の小説「はなとゆめ」と対(つい)にして楽しめる作品だったとのこと。そして、「正反対のように理解されている二人だけど、実はけっこう似た者同士なのでは?」と。たしかに、仕えた先がかたや定子、かたや彰子と敵のような関係で、先行した定子の後宮の影響を強く意識せざるを得なかっただけで、それ抜きで出会えていたら分かり合えることも多そう。
    続きを読む

    投稿日:2020.12.19

  • みやや

    みやや

    生真面目な人だったのかなあ、紫式部って。自分が正しいと思うものから外れるものを許せなかったり、清少納言にケチ付けたり、自分の上司を持ち上げて、彼女の上司を落としてみたり。
    意外とめんどくさい人だなと思ってしまった。続きを読む

    投稿日:2020.11.23

  • skullandbones

    skullandbones

    紫式部研究者が病膏肓に入って遂に小説に手を染めたかと思いきや、著者によると、あくまで評伝であり、紫式部日記及び紫式部集という、式部が独白体で自らを語った資料に依拠するからには、「本書も、本人の独白の形をとらなくてはならないと考えた」とのこと(あとがき)。著者自ら「冒険的」な試みと述べているが、正直、フィクションでなく評伝なのであれば、1人称にしなかったほうがよいのではないかと思う箇所が結構あった。また、基本的に、結構年行ってから振り返る(後年にならないと得られない知見による記述があるため)という視点で叙述されているようだが(その時点は明示されていない)、若干揺らぎがあるように感じた。
    ・本書は、歌のやりとりが家集に残る「姉君」との交流で始まるが、この血のつながらない「姉君」が誰かは記されない。研究上、判明していないからだと思うが、1人称で語られる場合、なんとも不自然でもどかしい。また、「道長妾」の真相については口をつぐむのは、史料からは事実がわからないからだろうが、踏み込んだ内心を綴る独白体という形式からすると、白々しい印象を与える。
    ・漢学の才はろくでもない、それをひけらかす者には惨めな末路が待っているとして、高階成忠やその女婿一家である中関白家を謗っているが、1人称だと生々しすぎて、紫式部が悪口ばっか言うイヤな人間に感じられる(そう表現したくてそうしているのかもしれないが。プライド高いくせに(から?)うじうじ言っている、かなりメンドクサイ性格に描かれているので。中宮彰子に仕える者として、中関白家周辺への反感を隠さないのは、人口に膾炙するするとおりで、当然清少納言の悪口も言っているが、「清少納言と〔曾祖父は中納言であった〕私のことを、同じ受領階級に属するなどと、一緒にしないでほしいものだ。」(p.35)とか、また、漢学への屈折した思いを記しつつ、父為時に越前守をかっさらわれて失意の内に亡くなった源国盛について「だが父と違って漢文ができなかったのだもの、すまないが仕方がないと思うしかない。」(p.60)とか、相当感じ悪い)。
    ・基本的に紫式部視点で、式部が知りえなかったことは知らなかったこととして記述されるので、客観的にどうだったかが表現できない。例えば、長徳の変や寛弘の呪詛事件など、伊周の失脚に係る事件について、「道長殿にとっては、静観している間に敵が自滅してくれる(略)」(p.60)、「殿が指一つ動かさぬうちに」(p.198)というのは、3人称つまり通常の評伝だったら、別の観点での指摘も入れることができたであろう。一条帝が譲位に当たって長子の敦康の立坊を「意外なほどあっけなく折れてしまわれた。」(p.276)というのも(本書では、古日記・古記録(どころか栄花物語まで)の記述でも、内容が紫式部が属す世間が知りうるものであれば使っているが、天皇と藤原行成のさしの交渉のようなことは、紫式部は知らないこととして記述されていると思われる)。
    ・リアルにはライバルになりようもなかった清少納言を紫式部日記でああも口汚く罵ったのは、枕草子による定子後宮の残影が彰子後宮にとって不都合だったから、ということを論じており、あの悪口につながるように、枕草子記述についても、「空虚な嘘」「定子様をことさらに美化するための欺瞞」(p.213)と強い言葉で非難している。1人称小説だったら自然でも、評伝として考えるとドン引き。他の著書では、これゆえにこそ枕草子を評価しているわけで、あくまで紫式部として書いているわけだが、学術書です、と言われると、反発を感ぜずにいられない…。
    ・紫式部日記に記された左京の君事件(いじめ)に、「汚点」として1章を割いて、娘への告白と教訓としているが、同じ事件を紫式部集では取り繕って記し(正に欺瞞!)、しかも、「それを恥ずかしいと思うだけの分別が、今の私にはある。」(p.255)などと、悦に入るは、日記の後年の段で別の女房仲間への悪口に乗らなかった(といっても、こっちの悪口は衣裳の色合わせがダサい、程度のもの)ことを記し、「自律した自分の姿を記すことができた」(p.256)とこれまた悦に入るはで、いじめた側あるあるとは言え、胸糞悪い。これも、3人称で論述すれば、普通に興味深い分析だと思ったと思うのだが。
    ・一条帝の辞世の「君」については、紫式部であっても、(『源氏物語の時代』同様)両論併記している。本書でのキモは、源氏中の自歌が本歌になっているのかも!というところなので、それには、君=定子とした場合の歌の解釈が1クッション入るほうが、わかりやすいからかもしれない。ところで、現実問題、このとき一条にとって最も懸案だったのは敦康の処遇だったと思うので、この子を濁世において逝くのが心配だよ、というのが一番しっくりくると思うのだが、そういう解釈はないのは、「君」は女君しかありえないから、なんだろうか。
    それにしても、一条の急逝ぶりは、陰謀論者だったら、道長による謀殺を疑うところだよね。ただ、それだったら、三条もとっととヤられてないとおかしいから、そんなことないんでしょうけど。一体何の病だったのだろう。
    父の赴任先での弟の客死と、それを嘆く父への思いなどは、1人称ならではの魅力が出ていた。
    まあ、第三者的な記述はさんざんしてきた著者が、それでは飽き足らず、敢えてこの冒険に挑んだのだから、読者のモヤモヤは想定内で、それを超えた思いを受け取ってくれ! ってことなのかな。
    続きを読む

    投稿日:2020.10.17

  • ロカ

    ロカ

    このレビューはネタバレを含みます

    私は紫式部にはかなり偏見を持っていた。単純に若い頃に枕草子を先に読み、手に入れて大事に読んでいたからなのだが(笑)
    その後、紫式部日記等も学び、子供だった私には彼女はとてもいけすかない女性に思えた。
    それから、私も当時よりたくさんの人間関係を経験し、母を亡くし、改めて、源氏物語を読んでみたいと思った。
    谷崎潤一郎翻訳の源氏物語を読みながら、紫式部と清少納言の関係を見直してみたくなり、何冊かの本を選んだ。
    その一冊である。
    読み終えて、二人とも変わらない。会社に勤めて理不尽なことや人間関係に悩む女性。
    才があるだけに宮廷暮らしは辛い事も多いことだったろう。

    そう考えると日本の女性たちは変わらない環境の中で、今も頑張っているのだと胸が熱くなる。
    さぁ、源氏の続きも読まなくては(^^)

    レビューの続きを読む

    投稿日:2020.09.24

  • 葉明

    葉明

    タイトル通り、紫式部が己を語る。
    あいかわらず、陰険なひと。
    その辺りのキャラがぶれんなあ(笑)

    あと、作者が彰子贔屓の先生なので
    後半はそれ推し。

    素晴らしい上司に出会えた幸せは
    今も昔も変わらない。続きを読む

    投稿日:2020.07.04

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。