国会議員基礎テスト

黒野伸一 / 小学館文庫
(3件のレビュー)

総合評価:

平均 4.3
1
2
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • れふ

    れふ

    国会議員が普段どんな行動してるのかなんて考えたこともなかったけど、序盤辺りで細かめに描かれていて、なるほどなぁと思った。国会の運営の仕方とか、党議拘束とか、知らないことばかりで、よほど自分は政治に無関心だったのだなと思う。
    投票して、あとはその人に任せると思っていたとしても、その行動は何かのタイミングで見る必要があるはずなのに、そのことすらもできていない。
    自分の政治への関わり方に関心を持つのに良かった。
    200620
    続きを読む

    投稿日:2020.06.20

  • mfmf1127

    mfmf1127

    面白かった!
    号泣県議や育休不倫議員、さらに首相のお友達への大学誘致など、リアルな問題も取り上げられていて、改めてこれが実在している日本の政治のどうしようもなさを痛感した。
    物語は、「政治家にも試験が必要ではないか?」という問いがメインテーマ。典型的な世襲議員の秘書として苦労した橋本が、「政治家にだけ試験がないのはおかしい!」という思いを持って自らが政治家になろうとする話。
    面白いのは、橋本自身が夢と理念だけの政治家ではなく、汚い手を使うことも厭わない、いわゆる政治のプロである側面があること。
    そして物語は、橋本と、いわゆる与党の重鎮議員、そして元世襲議員で橋本に地盤を奪われた若手ボンボンの3人が同じ選挙区で争う方向へ、、、
    政治について深く考えさせられると同時に、誰が選挙戦を制するのか?というエンターテインメントとしても面白かった!

    以下、心に刻みたいと思ったセリフ
    ・どんな国家でも、その国民一般の平均水準以上の指導者を持つことはできない
    ・我が国を見てみろ。職業政治家と後援会が莫大な権力を握っていて、一般国民の視点がほとんど入らないじゃないか。こんなものは、民主主義とはいえない。
    ・政治とは本来、弱者の味方でなければなりません
    続きを読む

    投稿日:2020.04.16

  • kirakira30

    kirakira30

    国会議員に必要な基礎知識って何だろう。政治の仕組み、経済、今の社会が抱えている問題とその解決策?テストのためにテスト前にだけ猛勉強をすることが本当に必要なのか?今、何が問題なのかを真摯に考え続けること、人々の声に耳を傾けること、それを国会という議論の場に届けること。そして、自分はどう考えるかということを表明できることが大事なのではないだろうか。どんなことも簡単に解決策も対応策も見つからないし、劇的に変化すること、改善することなんて期待してはいけない。ただただよりいいものを見つけられるように、作ることができるようにすることなのではないか。

    今の問題は、国会議員が何をしているのかを知らないということ。日々、何をしていて、どんなことに問題関心を持って活動しているのかを選挙の時だけでなく、日常的に知ろうとすることが必要な気がしながら読み終えた。

    でも、外務大臣や法務大臣などの大臣になる国会議員は、その分野の専門家であってほしい。
    続きを読む

    投稿日:2020.02.25

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。