皇子たちの悲劇 皇位継承の日本古代史

倉本一宏 / 角川選書
(4件のレビュー)

総合評価:

平均 3.5
0
2
2
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • さえこ

    さえこ

    ざっくりと羅列、地図のような本。
    時々時系列が入れ替わるので、自分が詳しくない時期の話については少しわかりにくかった。

    投稿日:2020.10.26

  • shi3yu2-a

    shi3yu2-a

    アマテラスの子孫が皇位を継がねばならないというシステムにより「量産」されたために、天皇になれなかった皇子たちの過酷な運命が解説される。古代においては第一条件の母親の尊貴さをはじめに父親の天皇と外戚のパワーバランスでその皇子が親王宣下されるか、さらには立太子に至るまでかが決まる。その親王宣下も、臣籍降下した人物が官界で出世し過ぎたのを官職に追いやるのに利用されたりすることに驚いた。それにしても皇子・皇女たちを含めた天皇家系図は錯綜を極めておりとても記憶できるものではない。続きを読む

    投稿日:2020.09.12

  • his360

    his360

    記紀の時代から院政期まで、即位できなかった皇子たちに焦点をあてて叙述されている。こうして通しでみると、改めて奈良時代までの凄惨さが感じられる。

    投稿日:2020.09.08

  • kitano

    kitano

    このレビューはネタバレを含みます

    タイトルは悲劇であるがそもそも15%
    7人中で1人しか皇位に付けないから
    その度に死が付きまとうと怨霊の話で
    大変である
    奈良時代の皇位継承の惨劇に比べても
    嵯峨天皇以降皇位継承に死は見えない
    まだ宇多天皇辺りまでしか勉強をして
    ないので後白河が出てきてホッとした

    レビューの続きを読む

    投稿日:2020.08.08

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。