姫神さまに願いを~永遠国ゆく日~

藤原眞莉, 鳴海ゆき / 集英社コバルト文庫
(3件のレビュー)

総合評価:

平均 2.7
0
1
0
2
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • サンサ

    サンサ

    楽しいなぁ♪

    書店では扱いが無いので、ブック●フでよく買います。えらくゆっくり揃っていくんですが見つけると買ってしまいます

    テンの昔話がメインのこの巻は本編らしくなく更に好き☆

    投稿日:2009.03.08

  • aizumi

    aizumi

    晴明が14、5、6の感覚で読んでいたらハタチだったらしいことに浪の下の都をめくっていて気付いた。なんてかわいいハタチなんだ。

    投稿日:2007.11.02

  • ユキチ

    ユキチ

    カイが安倍保名で、テンがまだ葛葉姫だった平安時代。京を出て関東に向かった葛葉は平将門に出会い、惹かれていく・・・。 葛葉を想う保名の気持ちが切ないです。

    投稿日:2005.08.03

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。