男ふたりで12ヶ月おやつ

椹野道流, ひたき / プランタン出版
(9件のレビュー)

総合評価:

平均 4.1
3
4
2
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 月渡

    月渡

    読むときは、好きなおやつとお茶を用意すべし!
    でないとおなかが減って、おやつを探し出すために一度本を閉じないといけないから。おなかが減ったまま読み続けるには美味しいものが多すぎる。
    二人ののんびりとした生活も、ほっとして楽しい一年。続きを読む

    投稿日:2021.06.23

  • chigame

    chigame

    どのおやつも、どのごはんも美味しそう。でもきっとこのふたりで食べるから美味しいんだろうね。高校時代の先輩後輩である男二人が同居して、美味しい料理やスイーツを食べるというただそれだけなんだけど、お互いを思いやる距離感とか平凡な毎日の幸せとかが感じられてなんだかほっとする。
    特に食べてみたーいと思ったのは、山口県の『豆士郎(とうしろう)』というお店のういろう。『美々卯』のうどんすきも一度食べたことがあるけど、また食べたくなったー。
    おいしいものを大切な人と食べるって、幸せだよねと再認識しました。
    コロナ禍で旅行に行けないから、よけいに食べたくなるわー。
    続きを読む

    投稿日:2021.04.15

  • 永杜

    永杜

    今日も美味しいおやつ片手に、日常を送る。

    1年の流れと、美味しいお菓子、の流れは変わらず。
    旅先で求めてきたのもあるので、多少県外産あり?w
    どれもこれも美味しそうですが、一番最初に出てくるのが
    はり印象深いものになるかと。
    バームクーヘン、美味しそうです。

    居候の後輩も、先輩が持たした手土産のおかげで
    一歩前へ、問題解決できましたし。
    お腹が空いているときに、読んではいけない内容です。
    続きを読む

    投稿日:2020.11.17

  • ユイ

    ユイ

    第二段!! 白石くんの作家業が安定してきたみたいでよかったね。
    そして第三段の「お夜食」はぜひぜひ楽しみにしたい。

    著者は食べることをとても大切にしているなと今回もますます思った。
    それも、「常にフルスロットルで食を楽しむ」のではなく、しんどいときはしんどいなりに、ちょっと晴れやかなときはちょっと晴れやかなりに、大胆に祝うときはその通りに。だからこそいつでも楽しめるんやろうな。素敵やと思う。

    食べることとそれを慈しむことに手は抜かない、と、いう姿勢が、とても好き。

    そしてこのシリーズはどことなく「説明調やな…?」と、思ってしまうんやけど、食について細かく説明しようとなると、著者ほどの軽快なリズムの文章を書く方でもある程度はもったりとしてしまうんやなあと思った。
    (だったらわたしが、食べ物ネタを書くときにもたもた書いているのも当然やでなとか)

    九月になったら、和三盆ボーロを買いにいこうと思う~!
    他にも食べてみたいおやつがたくさんあったけれど、今回は和三盆ボーロで。

    「裏おやつ」は著者ご本人からときどき漏れ聞く単語やね。
    あと、夏神さんの「ばんめし屋」さんが登場してた~!
    こういう重なり方好き。
    続きを読む

    投稿日:2020.08.16

  • natsuki813

    natsuki813

    芦屋の一軒家に暮らす眼科医の遠峯と、後輩で
    小説家の白石。斜めカットのバウムクーヘン、
    綺麗な銘菓ういろう、クレープ・シュゼット…。
    今日もおやつ箱には甘い幸せが詰まっている。
    男ふたりのおやつ歳時記続きを読む

    投稿日:2020.06.11

  • hiwa

    hiwa

    このレビューはネタバレを含みます

    前作よりも今作の方がパワーアップして美味しいものに囲まれた、眼科医の先輩と小説家の後輩のハッピーな同居生活だった。おやつ缶に高級おやつを入れておいてくれたり、後輩のリクで仮想彼氏役で誕生日ディナー作ってくれる先輩がたまらない。もう愛。
    これがいわゆるBL作品じゃないことは、現実的に考えたら「いい年していつまでこんな同居生活続けてるの」ってなるけど、タイプの違う、でも一緒にいて居心地の良い人間同士が、性別問わず補い合って生活する理想形のフィクションだと思う。私も誰かと一緒に美味しい物を食べたくなった。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2020.06.11

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。