きまぐれエトセトラ

星新一 / 角川文庫
(4件のレビュー)

総合評価:

平均 2.8
0
0
3
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • tsukasa26

    tsukasa26

    さんけい参詣者 バリ島は回教国インドネシアに於ける、例外的なヒンズー教の地域である。 ケチャック・ダンス(猿の踊り) 北杜夫もりお 亡父ぼうふ ぶんげいしゅんしゅう文藝春秋 供花きょうか 宛名のなんとか係には御中を書き加えろ この、後天的な美味を作り、楽しむのが、つまりは文明というものなのかもしれない。 玉石混交 その存否そんぴを決めるハンドルが我々に任されているのは 現役作家の死が壮烈に見えるのは 早馬はやうま 今昔の感にたえない 敗戦の玉音放送後 二重橋 衰亡していったプロセス続きを読む

    投稿日:2020.10.13

  • hiroymmt

    hiroymmt

    エッセイとしての完成度はやはり高い印象。
    ただ、ショートショートに慣れているので、多少長かったり、内容が複雑なものも多く、気軽に読める感じでは無かったのが残念。

    投稿日:2020.06.03

  • ばくのみかた

    ばくのみかた

    このレビューはネタバレを含みます

    血圧が少し高かっただけでありとあらゆる健康本を読み漁り学者にインタビューまでしに行く、星新一の一つに対しての好奇心の強さ


    「戦争の真の恐ろしさは、殺人、飢え、破壊、死が発生するからではない。全員がいつのまにか画一化された思考になり、当然のことと行動に移すことにある。」
    「貧困とは終わりのない空腹であり、病気と死の多さであり、防ぎようのない寒さや暑さであり、娯楽のなさである」

    レビューの続きを読む

    投稿日:2020.04.17

  • Kazu

    Kazu

    今から40年ほど前の1980年前後(星新一さん55歳前後)に書かれたエッセイ。
    売って儲けることが最大の目標であり、バブル崩壊に向かって突き進んでいる真っ最中の(否定論は主張しにくい)時期だ。
    生真面目さ故か、ちょっと浮かれた社会や横柄で威圧的な政治の在り方に苦言を呈する記述が所どころに入ってくる。
    星さんなりの倫理観の基準から世の中の行動がずれていくことへの不安が感じられます。

    「UFOの警告」という題名の20ページ足らずのエッセイが良かった。
    ここからは星新一さんのショートショートの背後にある思想が読み取れる。
    未来を思考する時、政治家は次の選挙のことぐらいしか考えないし、学者だってせいぜい100年先くらいだと言っている。
    人類をとりあえず10万年だけ生き延びさせる方法を本気で考える人がもっと増えることを希望している。
    UFOの警告とは、「人類よなぜ破滅の道を急ぐ、手遅れになる前に(10万年~100万年という)超長期安定を目指せ」ということらしい。
    続きを読む

    投稿日:2020.02.08

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。