京都

林屋辰三郎 / 岩波新書
(10件のレビュー)

総合評価:

平均 3.8
2
3
2
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • キじばと。

    キじばと。

    歴史学者である著者が、京都の各地にのこる歴史の名所を案内している本です。

    京都といえばかならず、伝統をいまの時代にのこす町として語られますが、その「伝統」はけっして一枚岩のものではなく、多層的な形成の過程が積みかさねられてきたものだということがうかがわれます。また、1962年に刊行された本ということもあって、本書のなかで語られている「現在」でさえもがすでに遠い過去になっています。とりわけ観光事業の展開を進めていくさなかにあって、京都という町の歴史を振り返ることで京都とはなにかと問いなおしているところも、興味深く読むことができました。続きを読む

    投稿日:2021.05.08

  • maako

    maako

    京都について知らなかったこと、いろいろ勉強になります。
    どれも興味深くてゆっくりと読みたくなります。

    投稿日:2020.07.19

  • starkirari

    starkirari

    今から50年以上たった今でも輝きを失わない名著
    今では変化の少ない街、京都も時代に翻弄され、それを乗り越えながら何度も生まれ変わり現在に到っているということが分かった。
    なんだか古臭さしか取り柄のない今の京都を寂しく思った反面、今はなき建造物に思いを馳せたりもした。
    京都を重層的に理解でき、街歩きが楽しくなること間違いなし。オススメ
    続きを読む

    投稿日:2017.01.08

  • のっぴ

    のっぴ

    京都に関する入門書のようなもの。とても詳しく書かれている。実際に書かれている寺とかに行けばもっと理解が深まるだろうなぁと思う。

    投稿日:2016.10.09

  • samwo360

    samwo360

    今から50年以上前に書かれたものですが、京都の地域ごとに歴史を辿り、名所旧跡を巡り、今の京都を描き出すもので、読み応えがあります。この50年の年月のもたらした変化は大きいと思いますが、今度、この本を手に京を歩いてみます。続きを読む

    投稿日:2016.07.03

  • 長老みさわ

    長老みさわ

    「千年の都」京都。
    その京都を千年という時間と空間で区切って語らってみようというのが本著である。
    「千年」と云うが本著ではこの地に人が住み始めた縄文時代まで遡って現代(1962年著)までを15章に分けて15の時代と15の空間の歴史を描いた労作。

    新書一冊で千年の歴史を語ろうとすれば夫々が浅くなるのは必定だが本著ではそんな心配は無用でどこまでも深い言及がされていて、これが一人の著者の作品になるとは恐ろしさすら覚える。
    続きを読む

    投稿日:2016.07.01

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。