オウム真理教 偽りの救済

瀬口晴義 / 集英社単行本
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
1
0
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • はんな

    はんな

    このレビューはネタバレを含みます

    巻末に12名の死刑囚の墓碑銘がありました。

    ひとりひとり見ていくと、獄中で水墨画を始めた人がいたり、被害者に手紙を書くためにペン習字を習う人がいたり、手紙に必ずカラフルな手書きの絵を添えてくる人がいたりで12人の人間性を垣間見るととても切ない気持ちになってしまいました。

    著者は「彼らは麻原を師に選ばなければ、社会に貢献できる真面目な人たちだったと確信している」と記しています。オウム真理教のあらゆる事件で犠牲になったたくさんの方々、その遺族の方々のことを考えると、このような発言は控えるべきなのでしょうが、12人の死刑囚もオウム真理教の犠牲者と言えるのではないかと思いました。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2021.03.15

  • おかにゃん

    おかにゃん

    書店で見かけた「14人目の死刑囚は、私だったかもしれない」という帯文にひかれて購入。麻原が裁かれるのは当然だけど、純粋に彼を信じた人たちが死刑になったことにずっとモヤモヤしていたから。
    読めば読むほど、なぜこんな純粋な人たちが人を殺め、そのうえ死刑に処されなければならなかったのか、ますます分からなくなる。そして国家は死刑という制度をふりかざしてこんな風に人を殺すんだなぁと。宗教が浸透してる国だったらどんな判決になっていたんだろう?

    著者は「インターネットが作り出している世界は、麻原が作り出そうとしていた世界そのものじゃないのか?」という疑問も呈している。
    ネットの誹謗中傷や、曖昧な情報を垂れ流す政治家の会見みてると、ほんとそうだなと思える。
    事件を引き起こした信者たちが、私なんかよりずっと純粋で優秀な人たちだったことを思うと、信者の脱会支援を続けた弁護士さんの「悪意の殺人には限度があるが、善意の殺人には限度がない」という言葉が響くなぁ。

    マスクマンの空中浮揚をマジでやってる人たちがいるよ~から教団の存在を知り、面白カルト集団としてテレビに出ていたり、学校帰りに大須に寄ると親から「オームの店に気をつけなさいよ~」と軽口叩かれたり、インド行きたいとか言ってる弟が入信したがりそうだわ~なんて心配したり、警察がアジトに突入するのをずっとテレビでみてたり、受験を考えてた大学のすぐ近くで起きたサリン事件が受験前にあれよあれよと解決してちょっと安心したり。思えば青春時代を通じてずっと彼らの歴史を見てきたんだな、、、
    続きを読む

    投稿日:2020.08.08

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。