ムゲンのi : 上

知念実希人 / 双葉社
(24件のレビュー)

総合評価:

平均 3.8
3
14
5
0
1

ブクログレビュー

"powered by"

  • kanegon69

    kanegon69

    とてもスピード感があります!この作家さんの繰り出す物語は脳内ですぐに映像が浮かびだし、だけども予想もしない速い展開に映像化が追い付かないぐらいのスピードであっという間に話が進んでいく感じがします。エンターテイメントとしてすごく面白い作品ですね。上巻でのネタの仕込みは万全の状態。たくさんの謎を埋め込まれました。早く続きが知りたい!この感覚、すでに引き込まれているんでしょうね。いったいどのように回収していくのか、ワクワク感がすごくあります。上巻では法廷のシーンが特に面白かった。さぁ、下巻への期待が高まります。続きを読む

    投稿日:2020.02.09

  • hosinotuki

    hosinotuki

    イレスの患者を担当する医師愛衣.本職の医術ではなく祖母からの血筋,ユタとしての力でマブイを元に戻して,患者を目覚ませる.その過程が謎解きと冒険を備え,愛衣を助けるククルも可愛くて頼りになり,たくさんの面白い要素満載の物語.一人一人と目覚めていくが,謎はかえって深まって,しかも愛衣自身のトラウマの事件に繋がっているようで,下巻が楽しみだ.続きを読む

    投稿日:2020.02.07

  • ふぅ

    ふぅ

    【儚く脆く掴めない幻と夢】4人のイレス。予測不可能?なミステリー。ℹ︎は乗り越えられるのか。4人の繋がり謎を残したまま下巻へ。今回はウサギなのね。パイロットと空。弁護士の正。のっぺらぼう、鏡と疾患!さすがDr.知念さんならではね。面白い。早く先を読みたい!「略:自罰的なところは他人を助けたいという思いから生じているもの。人間の能力には限りがある〜自分にしか救えない患者が」p167のセリフが響いたなぁ。感謝と敬意、憐憫など混沌とした感情になるのは良くわかる。現場に袴田Drのような存在が身近にいてほしい。現場で、同じようなセリフを知念先生自身が後輩へ伝え続けている事なのかなぁ。指導される後輩、幸せだなぁ。続きを読む

    投稿日:2020.02.05

  • p-chan

    p-chan

    精神科医の主人公が、昏睡状態の患者の精神に入って症状を治す話。
    結構ファンタジー感が強いけど、患者が抱えている問題は理論づけられているところが良かった。
    主人公自身のトラウマの克服もあったり、下巻も気になる。続きを読む

    投稿日:2020.02.04

  • くるたん

    くるたん

    ひきこまれる。

    眠り続ける奇病「イレス」。
    その奇病の謎に立ち向かう若き女医 愛衣。

    ファンタジーだけにとどまらない、現実的なミステリ、医療ミステリを絡めるという、この ある意味メリハリがある展開は飽きずにひきこまれる。
    そしてうさぎと猫好きの自分にはたまらない可愛さを味わえるのもうれしい。

    謎が深まる予感、ワクワクそしてちょっぴり不安を胸にこのまま下巻へ。
    続きを読む

    投稿日:2020.01.14

  • ykuro

    ykuro

    眠り続ける奇病イレスにかかった患者が同じ時期に4人、上巻では奇想天外な方法で2人は目覚めた。2人にはつながりがある。残り2人共つながりがありそうで、新たな事件との関係も匂わせながら、何処までも奇想天外な物語は下巻へと続く〜!続きを読む

    投稿日:2019.12.22

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。