荒ぶる魂

嶋津義忠 / PHP文芸文庫
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 4.5
1
1
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 亮


    明治、大正、昭和を生き、武闘家として生きた男の生涯を描いた一冊。
    講道館で嘉納治五郎の下、空気投を生み出し、柔道の神様と称された三船久蔵。
    岩手県久慈に生まれ、ある時に柔道に出会い、のめり込んで行く
    時代ということもあるかもしれないが、武闘家としてその生涯を全うするというのは並ではない。
    柔道でなくとも、少なからず何がしかの武道をある程度経験したものなら、感じることは多い。
    生きる目的。矜恃。最近ではあまり聞こえなくなったものがつまった一冊でした。やはり、幕末あたりから昭和初期の、こういう男たちの伝記ものってのは奮い立たせるな。
    続きを読む

    投稿日:2019.06.02

  • ことぶきジロー

    ことぶきジロー

    空気投げを編み出した伝説の柔道家、三船久蔵十段の激動の生涯を描いた長編小説。

    三船久蔵の偉業は、あの時代に自らの進むべき道を見付け、その道をひたすら邁進し、頂点にまで登り詰めたことにあると思う。折しも連日テレビでリオ五輪の柔道で日本人柔道家の活躍が放送されているが、その礎を築いたのは加納治五郎と共に日本柔道を確かなものにした三船久蔵の尽力にあるのかも知れない。

    岩手県の久慈に生まれた三船久蔵は、仙台での柔道との出会いを契機に柔の道を突き進む。やがて上京し、講道館に入門すると、不断の鍛練の末、数々の新技を編み出すと共に、多くの柔道家を育てていく。
    続きを読む

    投稿日:2016.08.15

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。