平家武人伝

嶋津義忠 / PHP文芸文庫
(3件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
0
3
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • あやごぜ

    あやごぜ

    平家の公達にスポットを当てた物語。
    滅び行く運命を受け入れるしかない、彼らの気高い生き様・死に様に、美学を感じます。

    投稿日:2013.02.24

  • sodahr

    sodahr

    平家が滅亡したのは、驕りや公家化などと理解していたが、この本を読んで時代の必然だったのだと感じた。歴史には明確に登場しない、一般の人々(この当時は農民)の世論が統治者を決めている。その意味で、朝廷政治を守ろうとした平家に民意はついてこなかったもであろう。

    清盛の嫡男である重盛の急逝が平家滅亡の直接的な要因であろうが、その後を託された宗盛には荷が重かったということだろう。
    ただ、公家的イメージの強かった平家にもこんなにも優れた武将がいたことは思いがけない発見であり、歴史は勝者のものより、敗者のものが面白いと改めて感じた。
    続きを読む

    投稿日:2012.08.02

  • tamasukebiron

    tamasukebiron

    私は史実に基づいた物語派で、著者の作品は私の路線に比較的マッチしている。本作品も、人物描写や心情表現など各短編の主人公が良く描かれていると思った。面白かったと思う。

    投稿日:2012.04.23

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。